激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2016-06-12-Sun-22:48

【 チェーン店 】 134皿目!六本木ヒルズのカプリチョーザの新形態店で食べるオーソドックスなカルボナーラ!カプリカフェ@六本木ヒルズ

『ヒルズの夜景を君にプレゼントしよう。』
???「素敵、宇一朗!」

capricho001.jpg

そう呟いた私、木全 宇一朗は六本木ヒルズタワーの展望フロアにいた。
ここから見える東京の景色は美しい。
いつも人込みで溢れかえっている東京だが、ここからの眺めは最高だ。
景色を満喫した私は、脳内で、理想の恋人と腕を組みながら展望フロアを後にした。

capricho002.jpg
空腹を感じた私は、一人でふらふらとレストランを探して徘徊していた。
現実に引き戻された私の目に、一軒の店が飛び込んできた。

capricho003.jpg
カプリカフェ。カプリチョーザの系列だろうか。
店を探し回ることに疲れた私は、何も考えずに入店することにした。

capricho004.jpg
店内は広く、雰囲気のいい内装に落ち着いた空間が広がっている。
カプリカフェというだけのことはあるじゃあないか。

capricho005.jpg
メニューはカプリチョーザのそれと同じだろうか。
私は店員さんに丁寧に注文をすることにした。
『カルボナーラ、ひとつお願いします。』

capricho006.jpg
店内を見渡してみると、一人で来ているお客さんも多い。
『同士よ。』
心の中で彼等との絆を育んでみた。

絆を勝手に育んでいる間に、注文したカルボナーラが運ばれてきた。

capricho007.jpg
(カルボナーラ 1,080円)
生クリームが使われている、きわめてオーソドックスなカルボナーラ。
それはチェーン店で提供されているカルボナーラの見本のような姿だった。

capricho008.jpg

capricho009.jpg
使われている具材はベーコンに黒胡椒、生クリームにチーズといったところだろう。
日本では一番基本なカルボナーラのスタイル。
生クリームを使うことで、作り手も安定したものが提供できるようになるようだ。

capricho010.jpg
手元にあるフォークとスプーンを使って、しっかりとかき混ぜてから食べることにした。

~感想~
ひさしぶりに食べたカプリチョーザのカルボナーラは、記憶よりも美味しいと感じられた。
スパゲティのゆで具合はアルデンテに仕上げられており、歯ごたえがよく、適度な塩気もついている。

生クリームがベースになっているカルボナーラソースの味わいも安定している。
クリーム感が強すぎるわけでもなく、チーズ感が弱いわけでもなく、
全体のバランスがいい塩梅に整えられており、万人受けしそうな一品だった。

先日、テレビ番組の「麺チェーン店総選挙2016」なるものの中で、
カプリチョーザのカルボナーラが15位にランクインしていたのは伊達じゃあないな。
ニヒルな笑みを浮かべながら、私はレジに向かった。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■カプリカフェ
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13154405/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

RREVHOME NEXT