激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-12-07-Sat-01:06

【 コンビニパスタ 】 91皿目!ローソンの生パスタシリーズのカルボナーラ!

『これで大手4社のコンビニパスタは制覇したことになるな。』

lawson001.jpg

私、木全 宇一朗が言っているコンビニ大手4社とは、
「セブンイレブン」、「ローソン」、「ファミリーマート」、「サークルKサンクス」の4社だ。
私、木全 宇一朗の記憶が間違っていなければ、店舗展開数もこの並び通りだったはず。
最後のローソンのカルボナーラには期待感が高まるばかりだ。

lawson002.jpg
生パスタカルボナーラと書かれている。
その上には
パルミジャーノ・レッジャーノを後がけでチーズの風味が増したよ~♪」と、書かれている。
後がけとは実に珍しいじゃあないか。
今まで食べたコンビニカルボナーラにはなかったパターンだ。

lawson003.jpg
原材料名一覧表示。
相変わらずよく解らないものが色々使われている。

■一食当たりの栄養成分
熱量 615kcal
蛋白質 18.7g
脂質 20.1g
炭水化物 89.9g
Na 970mg

lawson004.jpg
これが後がけパルミジャーノ・レッジャーノか。
チーズの風味を大事にしようとする、この試みは評価したい。

lawson005.jpg
プラスチックの上蓋を開けた写真。
クリームソースの見た目から、「増粘剤」という言葉が伝わってきそうだ。
また、この白身卵はどのように維持されているのだろうか。
コンビニパスタは実に興味深い。

私、木全 宇一朗は再び蓋を閉じて、そのまま電子レンジに入れた。

lawson006.jpg
電子レンジがけたたましく、しかし心地の良いサウンドで私に知らせてくれる。
「カルボナーラの準備が出来たよ。」と。
『おお、そうか。』と、私は電子レンジに話しかけてみた。
当然だが返事はなかった。

lawson007.jpg
パカッと蓋を開けてみた。
先ほどまで増粘剤増粘剤していたクリームソースが、自然に近い姿に変わっている。
電子レンジの力はなんと偉大なのだろうか。

lawson008.jpg
このようにソースだけを見ていると、とても美味しそうに見える。
五右衛門のカルボナーラのソースになんとなく似ている気がする。

lawson009.jpg
綺麗に形作られた卵のアップ。
ローソンの店員さんがくれたプラスチックのフォークで突いてみる。

lawson010.jpg
「ドロリ」という効果音とともに、中から黄身があふれてきた。
半熟卵のこの姿こそが美しいと思うのは、私だけではないだろう。

私、木全 宇一朗はこの黄身とクリームソースと生パスタをしっかりとかき混ぜてから、
一口目を頂くことにした。

~感想~
生パスタのフェットチーネを口の中で噛みしめてみる。
噛みしめる度に感じられる、ぐにゅぐにゅとしたむにゅむにゅとした食感。
水分が滲み出てきて、よりむにゅむにゅしているように感じられる。

このパスタの食感が全体的な味わいにも強く影響を及ぼしている。
チーズの風味を楽しむよりも、このパスタの食感が気になってしまって、
それ以外のところには意識を集中させることが出来なくなってしまっていた。

ローソンさん、さらなる改良を期待しております。ごちそうさま。

■ローソン 生パスタカルボナーラ
内容量:不明
価格:450円
ローソン 商品紹介ページ
http://www.lawson.co.jp/recommend/static/pastaya/

■満足度
スター

関連記事
HOME