激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-11-23-Sat-22:43

【 チルド・レトルト・インスタント 】 90皿目!ハウス食品のレトルトぱすた屋 カルボナーラ!

『久しぶりのブログの更新はこの商品で行う事にする。』

house001.jpg

ハウス食品の「ぱすた屋 カルボナーラ」だ。
全く関係ない話だが、ハウス食品に対して、私、木全 宇一朗はこの場を使って伝えたいことがある。

インスタントラーメンに「好きやねん」という商品があるのだ。
関西地域で主に販売されている商品だ。
私、木全 宇一朗は子供の頃、この商品が大好きだった。
インスタントラーメンにしては、スープの素が「調味油」と「醤油ベース」がきっちりと分かれていたのだ。

しかし、ある日を境に、このスープの素が液状の物から粉末状の物に変わってしまい、
味も大きく変わってしまったのだ。
そして、その変わった味は、私、木全 宇一朗が好きだった「好きやねん」ではなかった。
もしも願いが叶うなら、以前の昔の「好きやねん」をもう一度食べたいと切に望む。

house002.jpg
パッケージにはチーズ風味豊かでクリーミーな味わいという記載。
その横には「人気のパスタ屋さんの定番メニュー」と、書かれている。
私、木全 宇一朗は意味もなくカルボナーラを誇らしく思った。

house003.jpg
箱の裏面には作り方等が記載されている。
電子レンジでも作れるようだが、個人的にレトルト商品は、お湯でぐつぐつと煮込んだ方が
美味しく仕上がるのじゃあなかろうかと勝手に考えている。

house005.jpg
1食(140g)当たりの栄養成分表。

エネルギー 115kcal
たん白質 3.1g
脂質 7.4g
炭水化物 9.2g
ナトリウム 1.0g

house004.jpg
この商品に使われている原材料一覧。
牛脂豚脂混合油なんて一体なににつかわれているのだろうか?
文字のイメージだけで受け取ると、とても体に悪そうじゃあないか。

house006.jpg
箱の中身。
銀色のレトルトパウチに包まれているソースが出てきた。

house007.jpg
裏面。

house008.jpg

house009.jpg
箱に記載されている事と同じ事が書かれている。
とにかく、火傷には気をつけましょうということか。
『委細承知』
私、木全 宇一朗は心の中でそっと呟いた。

house010.jpg
レトルトソースとパスタを茹でるための仲間たち。

house011.jpg
徐々に沸騰してきている小さめの鍋に、まずはレトルトパウチを投入してみた。

house012.jpg
試食に使用するパスタは西友PBの1.4mmスパゲティ。

house013.jpg
束になっているから使いやすい。
本格的にカルボナーラを作らない限りは、このPB商品は実に使いやすいのだ。
わざわざ計量機を使わずにすむ。小さなことだが大事なことだ。

house014.jpg
大きめの鍋に入っている水が沸騰してきた。
私、木全 宇一朗はおもむろに西友PBのスパゲティを投入した。

house015.jpg
5分が経ち、茹で上がったものを今度はフライパンに投入する。

house016.jpg
さらに、加熱済みのレトルトソースを上からかける。
見るからに増粘剤が含まれていることがわかるレトルトソースだ。

house017.jpg
そしてトングを使い、茹で上がったスパゲティとレトルトソースを念入りに絡める。
申し訳ない程度に入っていたベーコンは、私の前からその存在感を消した。

house018.jpg
丁寧に皿に盛り付けて完成だ。
やはりベーコンの姿は見えない。

house019.jpg
増粘剤が含まれているカルボナーラソースは、トングでかき混ぜる事によって、
しっかりとスパゲティの絡みついているのがわかる。

house020.jpg
私が茹で上げたこのスパゲティのその一本一本に、しっかりと絡みついていると考えると
なにやら感慨深いものがこみ上げてくるじゃあないか。

house021.jpg
私、木全 宇一朗はそのような思いを胸に秘め、
そっとフォークを手に取り、このレトルトカルボナーラを食べる事にした。

~感想~
増粘剤の効果か。ねっとり感は中々のものだと思う。
この食べた時の感触、クリームたっぷり系のカルボナーラの食感よりも
ローマ風のカルボナーラに近いとは思う。あくまでも感触だけだが。

味は可もなく不可もなく、これといって特筆すべきのない味わいだ。
まさにレトルトといった味わい。
感動もなければ不満もない。
「これです。」と言われて出されれば「ああ、これね。」で済んでしまうものだ。
それだけ特筆すべき点が何もない。

本格的にカルボナーラを求めているような人は購入しないだろうが、
なんとなく簡単にクリーム系のカルボナーラが食べたくなった時には
気分を楽しめるという意味においては、便利な商品だと思われる。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■ハウス食品株式会社 ぱすた屋<カルボナーラ>
内容量:140g
メーカー商品ページ
http://housefoods.jp/products/catalog/cat_1,1060,1108,1109.html

■満足度
スター

関連記事

COMMENT



2014-02-10-Mon-11:49
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

Re: タイトルなし

2014-04-13-Sun-21:37
>履歴書さん
ご返信遅くなりましたが、お越しいただきありがとうございます。
マイペースで更新しておりますので、またいらしてくださいね!

> とても魅力的な記事でした。
> また遊びに来ます!!

IE以外のブラウザの方は、空欄のまま『送信』を押して、次画面より投稿してください。

HOME