激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-06-03-Mon-22:57

【 杉並区 】 70皿目!小ぢんまりとした桜上水駅近くにあるイタリアンレストランで食べるマイルドなクリーミーカルボナーラ! アランチーニ(Alancini)@杉並区桜上水

『京王線の桜上水の駅で降りるのは今日が初めてだった。』

joe00101.jpg

こう言うのも何だが、普段は桜上水で降りる用事が私、木全 宇一朗には見当たらないのだ。
初めて降りる駅。初めて歩く道。
全ての事象が新鮮に感じられる。
普段は見慣れたファミリーマートでも、場所が変われば見方も変わるというものだ。

joe002.jpg
どうやら、私が今しがた歩いてきた道は「桜上水商店街」という道らしい。
この道が商店街という事に多少驚いた。

joe003.jpg
桜上水駅商店街を抜けて、桜上水駅前北口の交差点を渡ったところに、
一軒のイタリアンレストランが存在している。

joe020.jpg
そのイタリアンレストランの名はアランチーニ
笑ぅセールスマンに出てくる「BAR 魔の巣」に看板が似ているが別物である。
もちろん喪黒さんもいない。
もっとも、私のような煩悩にまみれた人間が喪黒さんに出会ってしまうと、
一日経たずに「ドーーーーーーーーーーン!」をくらうことは簡単に予想される。

joe004.jpg
入り口前に飾られているお洒落な写真つきの看板。
どことなく寂しげな雰囲気が漂っている気がしないでもない。

joe008.jpg
二階の店内へと続く階段横にはメニューが立てかけられている。
店には入る前にメニューが確認できることは、何気に安心感が高まる。
小さなことだけれど、良いサービスだと思う。

joe009.jpg
パスタメニューの確認をしてみる。
トマトベースにオイルベース。

joe024.jpg
私、木全 宇一朗の目的のカルボナーラも無事に発見した。
安堵の息をついた私の胸が小躍りしている。

joe007.jpg
カルボナーラが提供されていることを確認できた私は、
店内へと続くその階段を一歩一歩力強く昇り始めた。
その私の顔に、もはや迷いなどはなかったことだろう。

joe013.jpg
写真が貼られている。
この日本人男性の方がオーナー様なのか。

joe014.jpg
階段の壁には、芸術オンチの私でも見た事ある有名な絵画が飾られていた。
なぜか中世のこの手の絵画は、男性・女性を問わずヌードが多いと感じる。
モデルが未成年だったら、最近話題の児ポ法に引っかかるのだろうか?

joe015.jpg
階段の上までたどり着いた。
OPENの看板が、私を優しく出迎えてくれた。

joe016.jpg
この扉を引いて店内に入れば、そこから先はめくるめくアランチーノの世界。
初めてのお店に入店するときの、この瞬間のワクワク感はたまらない。

joe017.jpg
時間は19時になろうというところ。先客は二人。
テーブルは4人席が三つ。
その外観から想像するよりも小ぢんまりとした店内だ。

joe022.jpg
厨房にシェフの方が一名。
先ほどの階段に貼ってあった写真に写っていた方。
きっとこの方がオーナーシェフなのだろう。

joe021.jpg
シェフ自らがメニュー説明と注文を聞いてくれた。
料理を作って、注文を聞いて、メニュー説明をして。
一人だと中々大変そうだが、淡々と丁寧な接客で対応してくれるこの店員さんに好感を持った。

『エビとオリーブオイルのガーリックソテーとカルボナーラをお願いします。』
「お飲み物はよろしいですか?」
『あ、水でお願いします。』
「かしこまりました。」

店側は一人だけなのに、焦らずに実に丁寧な接客をされている。

joe018.jpg
(エビとオリーブオイルのガーリックソテー 880円)
すぐに前菜が運ばれてきた。
ブロッコリーとエビがニンニクの良い香りに包まれている。
これがとても美味しい。
塩気が強くついており、お酒のおつまみに合いそうな一品。

joe019.jpg
ちなみにこのお店。
イタリアンレストランなのに、フォークとスプーンだけじゃなくて、箸もセットしてあるのが好印象。
イタリアンだとフォークとスプーンとナイフは基本だけど、箸を最初から置いてある店は
まだまだ多くないと思う。

エビとオリーブオイルのガーリックソテーを堪能したと同時のタイミングで、
私、木全 宇一朗の本来の目的が運ばれてきた。
「カルボナーラ、お待たせいたしました。」

joe025.jpg
(カルボナーラ 1,260円)
クリーム系のカルボナーラか。その見た目はスタンダードなカルボナーラだ。

joe026.jpg
たっぷりと使われているクリームの上に、黒胡椒がふんだんに振りかけられている。
パセリの緑色が綺麗な彩りを演出。

joe027.jpg

joe028.jpg
ベーコンの量が若干少ない気がする。
小刻みになっているからそう見えるだけかもしれない。

joe029.jpg
しっかりとかき混ぜてから、一口目を頂くことにした。

~感想~
見た目通りの、日本では王道のクリーム系カルボナーラの味わいだ。

クリームが味の主体になっているカルボナーラ。
口の中にパスタを入れると、チーズを感じることは出来るが、
それ以上に生クリームの風味が強く香る。
ソースの味は塩気が弱く、その分、甘味が強く出ているようだ。
ベーコンの量が少なく、また、ベーコン自体の塩気も弱いために、
今一つ塩気が弱いカルボナーラである印象を受ける。

パスタの茹で具合は、アルデンテよりも多少柔らかめの仕上がりか。
パスタ自体にはほんのりとした塩気がついている。

全体的にはよくまとまっている一品。
五右衛門のカルボナーラをもっとマイルドにしたカルボナーラといった印象。
私、木全 宇一朗のように濃厚なローマ風カルボナーラが好きな人ではなく、
マイルドなクリーム系のカルボナーラが好きな人には人気が出そうな一品だと思う。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■イタリアンレストラン アランチーニ(Alancini)
住所
東京都杉並区下高井戸3-1-4 2F

営業時間
11:30~14:00 18:00~22:00
定休日:水曜

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13097993/

■満足度

スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

関連記事
HOME