激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-05-11-Sat-22:44

【 チルド・レトルト・インスタント 】 59皿目!青の洞窟シリーズ!日清フーズ!青の洞窟 うにのカルボナーラ 海老と小柱の味わいと共に!

『なんと高級感溢れるパッケージよ。さすが青の洞窟シリーズ。』

unica001.jpg

レトルトソースで有名な「青の洞窟」シリーズ。
以前、当ブログで紹介したことがあるシリーズだが、冷凍物を発見したので購入してみた。
まさか冷凍食品としても展開しているとは。

unica002.jpg
商品名は「青の洞窟 うにのカルボナーラ 海老と小柱の味わいと共に」
パッケージの写真も実に美味しそうだ。

unica003.jpg
個人的に、「青の洞窟」はちょっと贅沢な高級ブランドであると認識している。
「欲深い大人の濃厚イタリアン」の響きが贅沢なイメージを産んでいる。

私、木全 宇一朗は欲深い大人だ。自分でそう思う。恥ずかしいことだ。
子供の頃の私はどんなだった?
雨音を聞きながら、一人で自問自答を繰り返す。

unica004.jpg
商品の説明文が食欲を刺激する。

生クリーム、卵黄、イタリアチーズのパルミジャーノ・レッジャーノで作り上げた
カルボナーラソースに、うにの味わいをとけこませ、黒胡椒でアクセントをきかせた、
コク深く濃厚な味わい

ソースとよく絡むプリプリ食感のリングイーネ使用

期待が膨らんできた。

unica005.jpg
裏面。色々書かれている。

unica006.jpg
電子レンジでの調理説明。
加熱ムラをなくすために、よくからめてください。か。
確かに承った。

unica007.jpg
フライパン調理の方法も書かれている。
どちらのやり方が美味しく仕上がるのだろうか。

unica010.jpg
使用上の注意書きと問い合わせ先が書かれている。

unica009.jpg
その下には原材料一覧。
トマト、チキンブイヨン、魚介エキス、バター、チーズ、ワインetc.
トマトの使用量が多い。
ワインまで入っているとは驚きだ。かなり本格的のようだ。
しかし…原材料だけを見ていると、これはもうカルボナーラの域を超えている気がする。
しかも魚介エキスの方が、チーズより多く使われているのか。

unica011.jpg
■一食(300g)当たりの栄養成分
・エネルギー 480kcal
・たんぱく質 15.6g
・脂質 21.8g
・炭水化物 55.3g
・ナトリウム 698mg

unica012.jpg
外袋を開けて中身を取り出す。
中身のパッケージも豪華だ。

unica013.jpg
裏側。

よし。早速電子レンジで5分30秒加熱することにしよう。
~5分30秒後~

unica014.jpg
加熱後の姿。
見事にふにゃふにゃになっている。

unica015.jpg
開封し中身を取り出してみた。
リングイーネが綺麗な形をしている。
私は先ほどの注意書きを思い出して、ムラをなくす為にしっかりとかき混ぜた。

unica016.jpg
なるべくムラにならないように念入りにかき混ぜる。
魚介の香りがプンプンと漂う。

unica017.jpg
十分にかき混ぜた事を確認し、早速一口食べてみる事にしよう。

~感想~

ソースがリングイーネによく絡みつき、口の中でトマトと魚介の風味がふわっと香る。

それはカルボナーラの味ではなかった。
チーズと卵黄の味わいよりも、トマトの味わいが強い。トマトクリームソースのようだ。
リングイーネの食感は、典型的な冷凍パスタのそれで、相当に柔らかく仕上がっている。
噛みしめても芯は感じられない。

全体的な感想は、冷凍パスタとしての完成度は高いと思うのだが、
これをカルボナーラとして商品化する必要があったのだろうか?
トマトクリームパスタとして出したほうが良かったのではと思う。
というのも、魚介の香りやら風味やらが強すぎてカルボナーラらしさが感じられない。
使われている具材も、海老、貝、うにピューレといったものが多く、
これ等をカルボナーラと結びつけた理由はどこにあったのだろう。

カルボナーラソースの味わいをベースに、魚介ソースを補助的に+した味ではなく、
トマト魚介ソースがベースにあって、それにチーズと卵黄を+したイメージ。

もう少しカルボナーラ感が前面に出ていれば良かったなと思う一品。

『ごちそうさま。美味しかったです。』

■日清フーズ 青の洞窟 うにのカルボナーラ 海老と小柱の味わいと共に
内容量:300g(一人前)
http://aodo.jp/index.php?page=c_info_lineup_06_02

■満足度
スター

関連記事
HOME