激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-04-05-Fri-03:05

【 中央区 】 30皿目!お洒落な立ち飲みイタリアン居酒屋で食べる激ウマカルボナーラ! 俺のイタリアン YAESU@中央区八重洲

『夕暮れ時、日が落ちかかっている東京駅付近の光景は切ない。』

oreita001.jpg

今日もサラリーマンの一日が終わろうとしている。
沈みかけた夕日が「お疲れ様。」と、優しく声をかけてくれているようだ。
この風景の中、BOSSの缶コーヒーをゆっくりとした気持ちで飲む私はセンチメンタルだった。

今日の私の目的地はここだ。
最近メディアでも話題の人気立ち飲みイタリアンレストラン。
その名も「俺のイタリアン」。

oreita002_copy.jpg

俺のイタリアン」の一号店は2011年9月に新橋にオープンした。
それは、たかだか16坪の狭い店で月商1900万円をたたき出す化け物店だった。

新橋店を筆頭に破竹の快進撃で成長を続けている「俺のイタリアン」を引っ張っているのは、
なんと、あの、ブックオフの創業者。
ブックオフ創業者がなぜレストラン経営をしているのか。

いずれにしても、この店が話題になっているのは彼の力によるものだろう。
人の心をつかみ取る、メディア戦略に長けているのか。

oreita003_copy.jpg

まだ17時過ぎだというのに、外にはスーツ姿の男女が多く並んでいる。
幸い私は一人で来ていたので、先に並んでいるお客さんよりも先に入店させてもらえた。
臨機応変というか、機転がきく接客に好印象だ。

oreita004.jpg

看板には女性のマーク。
「俺の」にも関わらず女性のマーク。
この符号が導き出す答えは一つ。
などと、くだらない事を考える間もなく店内に案内された。

oreita005_copy.jpg

狭い店内は活気に溢れている。
隣の人や後ろを歩く店員さんに簡単にぶつかってしまうくらいの空間しか周囲にはない。
店員さんの声も大きく響きわたる。
イタリア語を使っているようだが、何を言ってるのかわからない。

oreita006_copy.jpg

目の前には厨房の光景が広がっている。
料理人の方々が、一生懸命にお客さんからのオーダーに対応している。
実際、店内はお客さんでいっぱいに見えるが、オーダーシートは溜まっていない。
手際よくテキパキと注文を捌いているのだろう。

私も店員さんにオーダーすることにした。
「カルボナーラ一つお願いします。」と。

オーダー直後、私の目の前にある物が置かれた。

oreita008.jpg

チーズだった。
これを自分ですりおろしてカルボナーラにかけろということか?
カルボナーラを食べていない隣のお客さんにも同じ物が置かれているところをみると、
どうやらこれは「前菜」のようだ。

それにしてもこの店は面白い。
お客さんを惹きつける演出が面白い。

店内は混んでいる。大混雑で活気もある。
パッと見、とても流行っているように見える。
一役買っているのは、この店の特徴的な狭さだ。
この狭い空間が、その印象をさらに強くするための演出に違いない。

これが、例えば、広い広いファミレスのような空間だったらどうだろう。
狭い空間でこそ感じられるこの活気は、間違いなく消えてしまう。

店をコンパクトにすることで人口密度を高め、店員さんの大きな声で店をより活気づける。
スマートレストランとでも言おうか。

あれやこれやと好き勝手なことを妄想しているうちに、
私の料理がカウンター越しに出された。

「カルボナーラお待たせいたしました。」

foodpic3360457.jpg
(パンチェッタのカルボナーラ 819円)

フェットチーネのカルボナーラか。
あまりフェットチーネには馴染みがなかったので、不意打ちを食らった気分だ。

foodpic3360454.jpg

生クリーム、パンチェッタ、すりおろしチーズ、黒胡椒。
どれもが無造作にフェットチーネと絡み合っている。

foodpic3360456.jpg

近くで見ると実に美味そうな色をしている。
見るからに濃厚なクリームソース。
食べなくても、美味しいか美味しくないかは簡単に判断できる。

foodpic3360455.jpg

このカルボナーラソースをフェットチーネによく絡ませて一口食べてみた。

~感想~
想像通り、いや、想像以上の美味しさだった。
ふんだんに使われているチーズが、しっかりとクリームに溶け込み極上のソースに仕上がっている。
その極上なカルボナーラソースが絶妙な口触りと味わいを生み出す。
口に入れるたびに濃厚なチーズの味わいを楽しめる。
余分なものは一切入れていないといった味。

そしてフェットチーネ。
太い麺は苦手だったが、この店で食べるフェットチーネは実に美味しい。
むしろ、この濃厚なカルボナーラソースにはスパゲッティよりもフェットチーネかもしれない。
茹で具合も最高の茹で加減で、フェットチーネを噛みしめるたびに
グニュグニュした感覚ではなく、歯をたてると「サク!」っと噛みきれるようだった。

絶妙に茹で上げられたフェットチーネ、濃厚に仕上げられたカルボナーラソース、
そしてこれらと一緒に食べるときに噛みしめるパンチェッタの深い味わい。
全ての食材の歯車が見事にかみ合い、実に美味しいカルボナーラがそこにあった。

『ごちそうさま。美味しかったです。』

■俺のイタリアン YAESU (ヤエス)

住所
東京都中央区八重洲2-6-4 松岡ビル 1F

営業時間
16:00~23:30 (L.O.22:45)
夜10時以降入店可
日曜定休日

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13133706/

■満足度

スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

関連記事
HOME