激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2016-05-21-Sat-00:55

【 チェーン店 】 133皿目!うどん屋の「つるとんたん」で食べるカルボナーラのおうどん!つるとんたん@東京駅

『東京駅の地下街は相変わらず広い。』

tsuruton001.jpg

お目当ての店があるビルを探し続けて、ようやくたどり着いた。
このビルのレストランフロアに「つるとんたん」というお店がある。
イタリアンではなく、うどん屋さんだ。

tsuruton002.jpg
このお店には「カルボナーラのおうどん」なるメニューが提供されていると聞きつけ、
そば派の私、木全 宇一朗が食してみようと思いやってきた。

tsuruton003.jpg
11時半という時間にも関わらず、店内は既にほぼ満席状態であった。
私は店員さんに一人できた旨を告げると、カウンターの席に案内してもらった。
着席するがはやいか、私、木全 宇一朗は店員さんにこう告げた。

『カルボナーラのおうどん、お願いします。』
「量は普通でいいですか?」
『はい。』
「麺はあったかいおうどんですので、太麺をおすすめしております。」
『細麺でお願いします。』

店員さんは「かしこまりました。」と丁寧に言うと、厨房にオーダーを通しに行った。

混雑しているため、しばらく待ってから目的のうどんが運ばれてきた。
それは私の予想を遥かに上回る器に盛りつけられていた。

tsuruton004.jpg
(カルボナーラのおうどん 1,380円)
すごく大きな器に盛りつけられてやってきた。
写真では器の大きさが伝わりにくいかもしれない。
目安として、たまごの黄身をベンチマークにしてもらえるとわかりやすいだろう。

tsuruton005.jpg

tsuruton006.jpg
クリームソースのようなスープ、黄身、ベーコン、チーズ。
カルボナーラを連想させるには十分な具材が使われているようだが、味はどうか。
早速いただくことにした。

~感想~
まずはスープを一口。
クリームがほのかに香るが、ベースはしっかりした、うどんのつゆ。

続けて細麺のうどんをすする。
しっかりと茹で上げられており、柔らかな食感が口に広がるのだが、
噛みしめるともちもちとしていてコシがある。
うどんがクリームうどんスープを持ち上げるため、うどんだしの味がしっかりと楽しめる。
うどんとしての味は美味しい。しかし、カルボナーラとしてはやはり違和感がある。

使われている具材は、レンコン、厚切りベーコン、粉チーズ、インゲン、エリンギ等。

うどんの量は普通で十分な量である。
私も結構な大食漢ではあるが、満腹になるには十分な量のうどんであったと思う。
大盛りにすると、かなりの量になると思うので、がっつりと食べたい人にはおすすめだ。

うどんとしての味わいは美味しく、満足できる一品。
ただ、カルボナーラとして考えると、もう少しカルボナーラっぽさが欲しいと感じる。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■つるとんたん 東京ビル店
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13020109/

http://www.tsurutontan.co.jp/

■満足度
うどんの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

関連記事
HOME