激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2015-10-12-Mon-13:19

【 チルド・レトルト・インスタント 】 130皿目!青の洞窟Premium!熟成ベーコンのカルボナーラ!

『青の洞窟Premiumだと。随分高級感溢れるパッケージじゃあないか。』

aoiprecarbo001.jpg

近所のスーパーで、ジェノベーゼソースを探していた時に見つけた商品だ。
青の洞窟は1年以上前に試したことがあるが、こいつは青の洞窟Premium。
きっとPremium感あふれる味わいが楽しめるのだろう。

aoiprecarbo002.jpg
商品名は「青の洞窟Premium 熟成ベーコンのカルボナーラ マスカルポーネチーズを添えて」
まるで、高級ホテルのメニュー表示のような表現だ。

aoiprecarbo003.jpg
パッケ写真は実に美味そうだ。
パスタに絡みついている白い物体がマスカルポーネなのだろう。

aoiprecarbo005.jpg
裏面。

aoiprecarbo006.jpg
作り方の説明書き。

aoiprecarbo007.jpg
原材料名一覧。

aoiprecarbo008.jpg
箱の中には二種類のソース。
カルボナーラソースと、マスカルポーネチーズソース。
この二つのソースを茹で上げたスパゲティに絡ませてみようじゃあないか。

aoiprecarbo010.jpg
細切れのベーコンが結構な分量入っていた。
カルボナーラソースの色は綺麗な黄金色をしており、マスカルポーネと混ぜ合わせる事で、
食欲をそそる色のカルボナーラに仕上がったじゃあないか。

早速食べてみることにしよう。

~感想~
フォークに巻きつけたパスタを口に入れる。
ふわりと漂う、レトルト特有の肉の香りが、私、木全 宇一朗の食欲を激しく抑えてた。
気にならない人はならないのだろうが、私はどうしてもレトルトっぽい匂いに弱い。
しかし、最初の一口を食べ続けると、次第にこちらの嗅覚がレトルトに慣れていった。

Premium感が感じられない味わいだ。普通のレトルトのカルボナーラソースと言ったところか。
しかし、ダブルソーススタイルでチーズソースが別添なためか、
パスタを食べる時のふんわりとした口触りは他のレトルトには無い食感だ。

濃厚そうなカルボナーラソースに、マスカルポーネチーズソースをさらに上から加えることで、
ソース全体的にまろやかな感じが出されている。
食べる時、唇に触れると「ふわっ」とした食感を楽しめることが出来た。
(たいていの場合、「ぼてっ」としてそうなものだが。)

Premiumというほどのクオリティは感じられなかったものの、
カルボナーラの再現度は中々のものと感じた。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■青の洞窟PREMIUM
熟成ベーコンのカルボナーラ マスカルポーネチーズソースを添えて

https://www.nisshin.com/products/detail/4902110385281.html
内容量:134g

レトルト満足度
スター

関連記事
HOME