激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-03-05-Tue-22:14

【 チェーン店 】 10皿目!カルボナーラではなく春ボナーラ?? パスタ&ケーキ DUCKY DUCK

『たまにはこういう店も試してみるか。』

今日の店はパスタ&ケーキと書かれているダッキーダック。

hhhh.jpg

ダッキーダックは首都圏を中心に展開しているチェーン店だ。

「パティシエールの手づくりケーキ、生パスタを使った食事メニューが自慢のカジュアルなカフェ」
をコンセプトに31店舗を展開。

dcuc.jpg

綺麗に飾られたプラスチックのショーケースの左上にお目当ての品を確認した。

淡々と業務をこなす店員さんに案内され、席に着く。
9割は女性客だった。

手渡されたメニューは春の訪れを感じさせる春限定メニューが押されている。
そこには「カルボナーラ」ではなく、「春ボナーラ」と書かれていた。

私は即決で淡々と業務をこなす店員さんに告げた。
『春ボナーラお願いします。』

『春ボナーラなんて言葉、浸透しているのか?』
不思議に思った私はiPhoneを取りだし、得意気にググってみた。
なるほど。春ボナーラという言葉は一部ではあるが使われているようだ。
この店がパイオニアではないらしい。

間もなくすると、淡々と業務をこなす店員さんがやってきた。
「春ボナーラでーす。」

foodpic3231823.jpg
(春ボナーラ 1,000円)

私は目を疑った。

これは斬新だ。少なくとも私は初めて食べるカルボナーラである。
こんなに野菜が乗っているカルボナーラはカルボナーラと言えるのだろうか?
いや、言えないからこそ「春ボナーラ」なのだろう。
私はダッキーダックの精一杯の心遣いを感じ取った。

foodpic3231828.jpg

野菜の上に綺麗に盛り付けられた黄身を丁寧に潰す。
黄身とソースと麺、そして春野菜が絡んだことを確認して一口目を食べる。

それはカルボナーラとは全く別の食べ物だった。

野菜の味とチーズ感がほとんどないクリームソースは相互に邪魔をし合い、
なんともまとまりのない味に感じた。

麺は生を使っているだけあったモチモチとしていた。
第一印象は強烈だったが、味はクリームパスタである。

『ごちそうさま。美味しかったです。』

春の訪れは十分に感じた。それだけで幸せな気分になれる一品だった。

■PASTA & CAKE Ducky Duck(パスタ&ケーキ ダッキーダック)
http://www.towafood-net.co.jp/duckyduck/tabid/81/Default.aspx

■満足度

スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター


関連記事
HOME