激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2014-04-30-Wed-22:29

【 チルド・レトルト・インスタント 】 98皿目!まるでボンカレー!電子レンジで調理可能なレトルトカルボナーラ! SB食品 本日の贅沢カルボナーラ!

『電子レンジで調理できるボンカレーは知っているが、パスタソースとは。』

sbcarbo001.jpg

近所のスーパーを徘徊している時に見つけてきた一品。
注目したい点は「電子レンジで調理可能」なポイント。

sbcarbo003.jpg
レトルトカレーを電子レンジで調理すると圧倒的に手間が省けるのだが、
パスタソースを電子レンジで調理することにより得られる「効率」は少ない気がする。
結局パスタを茹でる時間が必要になるためだ。

sbcarbo004.jpg
パッケージの裏面。
「箱を開けて電子レンジで温めるだけ!」
しかも加熱時間は1分のみ。
説明文だけ読んでいると、とても簡単に見えてくるじゃあないか。
私、木全 宇一朗の胸がワクワクと高まってきた。

sbcarbo005.jpg
原材料一覧。
乳製品が多く使われていることが読み取れる。
意外にも3番手につけているのが「玉ねぎ」だ。

sbcarbo006.jpg
調理方法の説明書き。
1番目に「乾麺100gを茹でる」と書かれているのに注目したい。
この記載で「ソースは出来たけど、パスタ茹でてないや、テヘぺロ」といった事態は防げる。

sbcarbo007.jpg
1食分あたりの栄養成分表。
「予約でいっぱいの店のカルボナーラ」と比較すると脂質が少ない。

sbcarbo008.jpg
開封した姿。
今気づいたが、パッケージの背景と当ブログの背景のセンスが同じじゃあないか。
私、木全 宇一朗はパッケージデザイン担当者に勝手に親近感を抱いた。

sbcarbo009.jpg
中身。
カレーっぽいがカレーではない。

sbcarbo010.jpg
電子レンジに投入する。
なぜが少し悲しげな表情をしているようにも見える。

sbcarbo011.jpg
加熱中。

sbcarbo012.jpg
1分経過した姿。
箱が熱により膨らんでいる。
容器周りからは、レトルトカルボナーラソースの香りがただよった気がした。

sbcarbo013.jpg
返す刀で、茹でたてのパスタをフライパンに準備する。

sbcarbo014.jpg
上から乳成分多めのカルボナーラソースを注ぎこんだ。
見た目はカルボナーラソースというよりも、シチューっぽい。

sbcarbo015.jpg
トングで丁寧にかき混ぜて、盛り付けたのがこちら。
パスタとソースをしっかりと絡ませてしまえば、立派にカルボナーラだ。

sbcarbo016.jpg
写真を撮っている間も、私、木全 宇一朗の嗅覚は、レトルト特有のスメルをとらえ続けていた。
早速いただいてみることにしよう。

~感想~
味はいたって普通。とにかく普通だった。
この味わいこそ、まさにTHE・レトルトのカルボナーラといった感想。
レトルト特有の、くん液やベーコンやらの香りが強いため、卵黄を感じる事が出来ない。

電子レンジで調理できる点は、実際にやってみると楽だった。
パスタを別に茹でる必要は当然あるのだが、
手間を1つでも減らせることができる点は、大きなポイントだと感じた。
簡単に食事をしたい時にかける手間は、少なければ少ない方が良い。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■S&B食品株式会社 本日の贅沢カルボナーラ
内容量:120g
メーカー商品ページ
http://www.sbfoods.co.jp/products/catalog/products_detail.php?GDSCODE=13684

■満足度
スター


関連記事
HOME