激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2016-06-19-Sun-21:57

【 新宿区 】 135皿目!新宿センタービル内の名店で食べるローマ風のカルボナーラ!あるでん亭@新宿

『新宿のこの風景を見ると、カラオケの映像を思い浮かべる。』

shinarude001.jpg

黒色のタンクトップを着用しているロン毛の男がこの風景を走っている。
そして、その男は突如壁に持たれて煙草を吸いだす。
謎に切なそうな顔をしたその男、時にはシャドーボクシングを繰り広げる。
次の瞬間、黒い画面を背景に、灰皿の中で赤い薔薇が燃えている。
その燃える赤い薔薇を見つめる昭和風の女性。
口紅と洋服は、もちろん赤だ。

カラオケの映像は謎だ。

shinarude002.jpg
久しぶりに新宿センタービルのあるでん亭に行きたいと思った。
このブログの最初の記事を書いた以来だ。

shinarude003.jpg
今も変わらず存在している。
『ありがとう。いつも。』
私、木全 宇一朗は心の中でつぶやいた。

shinarude004.jpg
平日の11時20分くらいに到着したが、すでに行列ができていた。
相変わらずの人気店のようだ。

shinarude005.jpg
少し並んでいると、まもなく店内に案内された。
回転率は早いようだ。

shinarude006.jpg
メニューをささっと確認し、私は店員さんに告げた。
『カルボナーラ大盛りで、ニンニクトッピングお願いします。』と。

shinarude007.jpg
私が注文した後に入ってきたお客さんも、「カルボナーラ大盛りで」というお客さんが多かった。
やはりこの店の一番人気はカルボナーラなのだな。
私はなんとも言えない嬉しさを感じていた。

「カルボナーラです。お待たせしました。」
しばらくすると、店員さんが私の料理を届けてくれた。

shinarude008.jpg
(カルボナーラ大盛りにんにくトッピング 1,250円)
久しぶりに食べる、あるでん亭のカルボナーラ。
見た瞬間に味の記憶もよみがえってきて、早く食べたい衝動にかられた。

shinarude009.jpg

shinarude010.jpg
生クリームがほとんど使われていないカルボナーラ、
卵黄ベースのソースにコーティングされたスパゲティが、黄金の輝きをはなっている。
ちりばめられている黒胡椒の香りが食欲をそそる。

shinarude011.jpg
早速この美味しそうなカルボナーラを食べることにする。

~感想~
スパゲティにコーティングされた卵黄ベースのソースが、優しく口の中に広がっていく。
ねっとりとしているが、卵黄がふわっと口どける食感は最高だ。
店名のとおり、スパゲティはアルデンテに仕上がっており、歯ごたえがとてもいい。

アルデンテに仕上がっているスパゲティをかみしめるときに、散りばめられた黒胡椒が破裂し、
ピリリとした香りが舌の上に広がっていく。
この黒胡椒のアクセントと、卵黄の柔らかさが組み合わさってとても美味しいのだ。

味付けは、チーズや塩加減が控えめになっており、卵黄の風味が感じ取れる。
テーブルの卓上には擦りおろされたチーズが設置されている。
チーズ感を増すために、全体的にパラパラとふりかけてみた。
今までの卵黄中心の柔らかな味わいが、
卓上のチーズを使用することで、別の料理を食べているかのように変貌を遂げた。
個人が好きなように調整していくことで、まるで違うカルボナーラを楽しむことができる。

やはりここのカルボナーラは美味しい。
シンプルなカルボナーラなのだが、それだけに素材の味がストレートに伝わってくる。
卓上のチーズもいい材料を使っているのだろうな。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■あるでん亭(新宿店)
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006745/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2016-06-12-Sun-22:48

【 チェーン店 】 134皿目!六本木ヒルズのカプリチョーザの新形態店で食べるオーソドックスなカルボナーラ!カプリカフェ@六本木ヒルズ

『ヒルズの夜景を君にプレゼントしよう。』
???「素敵、宇一朗!」

capricho001.jpg

そう呟いた私、木全 宇一朗は六本木ヒルズタワーの展望フロアにいた。
ここから見える東京の景色は美しい。
いつも人込みで溢れかえっている東京だが、ここからの眺めは最高だ。
景色を満喫した私は、脳内で、理想の恋人と腕を組みながら展望フロアを後にした。

capricho002.jpg
空腹を感じた私は、一人でふらふらとレストランを探して徘徊していた。
現実に引き戻された私の目に、一軒の店が飛び込んできた。

capricho003.jpg
カプリカフェ。カプリチョーザの系列だろうか。
店を探し回ることに疲れた私は、何も考えずに入店することにした。

capricho004.jpg
店内は広く、雰囲気のいい内装に落ち着いた空間が広がっている。
カプリカフェというだけのことはあるじゃあないか。

capricho005.jpg
メニューはカプリチョーザのそれと同じだろうか。
私は店員さんに丁寧に注文をすることにした。
『カルボナーラ、ひとつお願いします。』

capricho006.jpg
店内を見渡してみると、一人で来ているお客さんも多い。
『同士よ。』
心の中で彼等との絆を育んでみた。

絆を勝手に育んでいる間に、注文したカルボナーラが運ばれてきた。

capricho007.jpg
(カルボナーラ 1,080円)
生クリームが使われている、きわめてオーソドックスなカルボナーラ。
それはチェーン店で提供されているカルボナーラの見本のような姿だった。

capricho008.jpg

capricho009.jpg
使われている具材はベーコンに黒胡椒、生クリームにチーズといったところだろう。
日本では一番基本なカルボナーラのスタイル。
生クリームを使うことで、作り手も安定したものが提供できるようになるようだ。

capricho010.jpg
手元にあるフォークとスプーンを使って、しっかりとかき混ぜてから食べることにした。

~感想~
ひさしぶりに食べたカプリチョーザのカルボナーラは、記憶よりも美味しいと感じられた。
スパゲティのゆで具合はアルデンテに仕上げられており、歯ごたえがよく、適度な塩気もついている。

生クリームがベースになっているカルボナーラソースの味わいも安定している。
クリーム感が強すぎるわけでもなく、チーズ感が弱いわけでもなく、
全体のバランスがいい塩梅に整えられており、万人受けしそうな一品だった。

先日、テレビ番組の「麺チェーン店総選挙2016」なるものの中で、
カプリチョーザのカルボナーラが15位にランクインしていたのは伊達じゃあないな。
ニヒルな笑みを浮かべながら、私はレジに向かった。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■カプリカフェ
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13154405/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

HOME