激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2015-08-31-Mon-15:00

【 渋谷区 】 120皿目!渋谷ヒカリエで食べるトマトを使った赤いカルボナーラ!セストセンソ アッカ(SESTO SENSO H)@渋谷ヒカリエ

『渋谷ヒカリエ。なんと洗練されたお洒落な場所よ。』

sestosenso001.jpg

2015年1月。
私、木全 宇一朗は仕事のために渋谷の街をさまよっていた。
午前中からの打ち合わせが終わり、ヒカリエに来てみたわけだが、
いかにも渋谷といった雰囲気に圧倒されそうになるじゃあないか。

sestosenso002.jpg
飲食店が立ち並ぶフロアを徘徊していると、何やらお洒落な店を見つけた。
雰囲気からして、いかにも高級そうな店舗だ。

sestosenso003.jpg
店の名前は『セストセンソ アッカ(SESTO SENSO H)』。
有名な料理人の方がオープンしたお店との事だ。
『さすが渋谷だ。』
特に理由もなく、非論理的に私はそう思った。

sestosenso004.jpg
店舗入り口に立てかけてあるランチメニューに目をやる。
おお。ランチでカルボナーラが食べられるじゃあないか。
私は即決で入店することにした。

sestosenso005.jpg
「オーガニックトマトで仕上げた赤のカルボナーラ」か。

sestosenso006.jpg
「当店一番人気」と書かれた看板の魅力はすごい。
写真と文字、シンプルな2つの要素が私を思考停止に陥らせた。
何も意識することなく、店員さんに一人で来たことを告げ、テーブルに案内してもらう。

sestosenso007.jpg
テーブルに案内されるのが早いか、私は即座に注文をした。
『ランチA、カルボナーラでお願いします。』と。
上品な見た目の店員さんは「かしこまりました。」の言葉を残して立ち去った。
店員さんの仕草一つとっても上品な気がした。

sestosenso008.jpg
少し遅めの昼食にも関わらず、店内は多くのお客さんで賑わっている。
場所柄による集客力も大きそうだが、人気店であることが瞬時に把握できる。

sestosenso009.jpg
iPhoneを振りかざし、挙動不審な手つきで写真を撮っていると、
先ほどの店員さんが前菜を届けてくれた。
なにやらお洒落な前菜だ。

一番左のスモークサーモンは、鮭好きの私にとっては最高の前菜である。
メインディッシュのカルボナーラが来る前に、何気に満足してしまったのは内緒だ。
そうこうしている間に、店員さんが料理を運んできてくれた。
「カルボナーラ、お待たせいたしました。」

sestosenso010.jpg
(ランチA オーガニックトマトで仕上げた赤のカルボナーラ ¥1,490)
キタッラが使われている赤のカルボナーラ。
その名の通り、赤みを帯びたソースがキタッラと見事に絡まりあっている。
パスタの上に乗っている、パリパリしてそうなものはなんなのだろうか?

sestosenso011.jpg

sestosenso012.jpg
今までに食べた事がないタイプのカルボナーラだった。
この赤みを帯びたソースに、チーズなりの味わいが凝縮されているのだろうか?
期待は高まる一方である。

sestosenso013.jpg
早速この新しいタイプのカルボナーラを食べることにする。

~感想~
フォークにくるくると巻きつけて、一口目をいただくことにする。
トマトの香りと味わいが口の中に広がっていく。
キタッラという太めのパスタが使われているだけあって、噛みごたえはとてもいい。

カルボナーラといえば、卵、チーズ、パンチェッタ(ベーコン)の味わいが広がっていくものだが、
この店のそれは違う。トマトソースの味わいが「これでもか」と前面に出てくる。
ソースからはチーズの味わいがほとんど感じられない。

食べてから『ハッ』と気づいたのだが、パスタの上に乗っているパリパリしてそうな物体が、
実はペコリーノだった模様。
このパリパリのペコリーノをフォークで潰し、パスタと絡ませて食べることで完成する一品だったのだ。

今までに食べたことのない、新しいパスタの味わいだと思った。
ただ、トマトの存在感が強い一方、卵とベーコンの存在感が薄いように思う。

「カルボナーラ」という名称が使われているものの、
卵、ベーコン、チーズ、黒胡椒がメインのそれとは、全く違う料理だと個人的には感じた。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■セストセンソ アッカ 渋谷ヒカリエ店 (SESTO SENSO H)

住所
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 6F

営業時間
11:00~23:00
ランチLO 14:30
ディナーLO 22:00
ランチ営業、日曜営業

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13140073/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2015-08-30-Sun-23:47

【 港区 】 119皿目!ダイバーシティで食べられる濃厚なクリーム系カルボナーラ!トラットリア マルーモ(TRATTORIA Maruumo)@台場デックス

『何度見ても、等身大ガンダムのクオリティには感動を覚える。』

marumo001.jpg

季節は2月。
私、木全 宇一朗はお台場に等身大ガンダムを見にきていた。
かくも等身大ガンダムは美しいじゃあないか。
中年を自認している私はおもむろにiPhoneを取り出し、その雄姿を収めることにする。

marumo002.jpg
この背面姿を見る度に鳥肌がたつ。
まるで、私のニュータイプとしての素質が感化されるようだ。
空腹を感じた私は、周辺を散策するべく移動することにした。

marumo003.jpg
デックスに来た私は、一軒のイタリアンレストランを発見した。
名前は「トラットリア マルーモ」。
芦田 愛菜を連想したのは、私だけじゃあなかろう。
心の中で『ふふっ。』と微笑し、店の前の看板に目をやる。

marumo004.jpg
パスタ料理にお目当ての品があることを確認した。
フェットチーネカルボナーラだ。

marumo005.jpg
私は意を決し、動物のような右足を一歩前に踏み出した。
「ズシ」っと効果音が聞こえた。

marumo006.jpg
テラス席から差し込む光のおかげで、賑わいのある店内がとても明るく見える。
一瞬、イタリアに来ているかのような気分になる。
飾られているワイン樽が、私の感性を錯覚させるじゃあないか。

marumo007.jpg
店員さんに『一人です。』とクールに告げたところ、
一番奥の小ぢんまりとしたスペースを用意してもらえた。
一人で食事することは慣れているが、やはり適した場所に案内されると落ち着くものだ。
私、木全 宇一朗は店員さんに感謝の意を述べた。

marumo008.jpg
テーブルの上に置かれているメニューに目を通す。
文字だけのメニュー、料理数も多いため、目的の品を見つけるまでに時間がかかった。
私は店員さんにこう告げた。
『カルボナーラ、スパゲティでお願いします。』と。

marumo010.jpg
注文を終えた私は、おもむろにテラス席に出てみた。
季節は2月。晴れているとは言えど寒い。
春や夏の快晴日に、このテラスで食事を取れれば素敵だろう。
そんなロマンチストな想いを胸に秘め、私は席へ戻ることにした。

席に戻り、しばらくするとお目当ての料理が運ばれてきた。
「お待たせいたしました。カルボナーラです。」

marumo011.jpg
(スパゲッティカルボナーラ ¥1,100)
とても濃厚そうな見た目のカルボナーラの登場に、私の心は踊り狂っている。
口の中に入れた時の感触と風味が容易に想像できる。

marumo012.jpg

marumo013.jpg
クリーム系のカルボナーラではあるが、シャバシャバしたものではない。
クリームの中にチーズがしっかりと溶け込んでおり、ねっとりとした仕上がりになっている。

marumo014.jpg
ガンダムを見ることで興奮しきっていた私の体に早速食べてもらうことにする。
卓上のフォークとスプーンを両手に持ち、はやる気持ちを抑えながら最初の一口を食べる。

~感想~
くるくるとフォークに巻きついたスパゲティを口の中に入れる。
舌の上でじんわりと溶けだすクリームソースの味わいが美味しい。
濃厚なチーズの味わいを楽しみながら、アルデンテに仕上げられたスパゲティが
最高の食感を食べている者に提供してくれる一品だ。

クリームソースは濃厚ではあるが、「ぼてっ」とした重たい感じではなく、
口の中で「ふわっ」と広がりを楽しませてくれる濃厚さだ。
チーズ感の強いクリームソースと、パンチェッタの風味と味わいが重なり、
個人的にはレベルの高い一品と感じた。

クリームを使いながらも、しっかりとチーズの旨味とパンチェッタの味わいが
活かされている点は、とても満足度の高い一品であると感じる。

これからもお台場でイタリアンを食べる時は、積極的に選択肢に入れていきたい店だ。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■トラットリア マルーモ(TRATTORIA Maruumo)

住所
東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール 5F

営業時間
11:00~23:00(LO フード22:00 ドリンク22:30)
ランチ営業、日曜営業、年中無休

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131306/13014370/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

HOME