激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2015-02-10-Tue-23:00

【 その他 】 118皿目?チーズ星人15周年!日清食品!日清のどん兵衛カルボナーラうどん!

『チーズ星人15周年にどん兵衛のカルボナーラうどんだと!?』

donbeikarbo001.jpg

私、木全 宇一朗はカップ麺をひたすら食いまくるブログを見て驚いていた。
どん兵衛にカルボナーラ味があるのであれば是非食べたい。
そう思い、早速近場のローソンで購入してきたのだ。

donbeikarbo002.jpg
チーズ星人15週年のマーク。
15周年。意識してなかったが、15年も続いているのか。
さすがにやるじゃあないか、チーズ星人。

donbeikarbo003.jpg
これがチーズ星人の雄姿か。
3種チーズを使いこなすとは真に恐れ入った。

donbeikarbo004.jpg
そんなチーズ星人をよそ目に、私はおもむろにどん兵衛の蓋を開けた。
かやくやスープの袋が詰められているじゃあないか。

donbeikarbo005.jpg
テーブルの上に並べてみた。

donbeikarbo006.jpg
まずは粉末スープをオープン。
チーズを連想させる色の粉が、パラパラと麺の上にふりかかっていく。

donbeikarbo007.jpg
つづけてかやくもオープン。

donbeikarbo008.jpg
そしてお湯を入れるとこんな感じになる。

donbeikarbo009.jpg
ふたをしめて5分まつ。

donbeikarbo010.jpg
5分経つとこんな感じ。

donbeikarbo011.jpg
スパイスの黒胡椒をふりかける。

donbeikarbo012.jpg
しっかりと混ぜて食べてみることにしようじゃあないか。

~感想~
味は見事にどん兵衛だ。どん兵衛以外の何物でもないじゃあないか。
3種類のチーズと、カルボナーラのおい単語から、濃厚なものを期待していたのだが、
スープはかなりあっさりとしており、ポタージュスープのような味わいだ。

味は濃いめなのだが、チーズ感が強いのではなく、
塩分が強めに効いているポタージュスープといった感想だ。
可もなく不可もなく。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■日清のどん兵衛 カルボナーラうどん
製品URL:https://www.nissin.com/jp/products/items/6469

■満足度
スター
2015-02-08-Sun-22:34

【 チルド・レトルト・インスタント 】 117皿目!青の洞窟シリーズ!生クリームたっぷりの極上濃厚ソース!熟成ベーコンのカルボナーラ!

約1年半ぶり※に青の洞窟シリーズのカルボナーラを食べることになるのか。
(※2014年11月に食べた物です。)

aonodoukutsu001.jpg

前回、青の洞窟シリーズのカルボナーラを食べたのが2013年5月。
あれから1年半も経とうというのか。
時間が経つのは恐ろしく早いものだ。
気がつけば、このブログを書き始めて2年になろうとしている。

aonodoukutsu002.jpg
「生クリーム、卵黄、パルミジャーノ・レッジャーノで仕上げた
濃厚なカルボナーラソースとたっぷりの熟成ベーコンに、
ソースとよく絡むリングイーネを使用した極上の一皿をお楽しみください。」

この説明文を読んでいるだけで、私、木全 宇一朗の食欲が強く刺激されるじゃあないか。

aonodoukutsu003.jpg
「生クリームたっぷりの極上濃厚ソース」という文章を効果的に右脳にアピールする画像。
写真を見ているだけで、口の中にパルミジャーノ・レッジャーノが香りそうだ。
いや、むしろ、もうすでに、私の脳ではそれを強く感じ取っている。

aonodoukutsu004.jpg
商品のパッケージ、そして商品名も濃厚な一皿を連想させる。
商品名が持つ役割は消費者に訴えかける重要なポイントなのだろう。
おかげで、舌で味わわずとも、脳で味わうことができるようだ。

aonodoukutsu005.jpg
パッケージの裏面は一変して殺風景な商品説明。

aonodoukutsu006.jpg
電子レンジの調理方法。
シンプルなイラストでわかりやすく書いてくれている。

aonodoukutsu007.jpg
フライパンでの調理方法の記載も。
私は電子レンジでの調理を選択することにした。

aonodoukutsu008.jpg
1食あたり栄養成分
エネルギー 563kcal
たんぱく質 17.5g
脂質 27.6g
炭水化物 61.1g
ナトリウム 858mg

aonodoukutsu009.jpg
使用原材料一覧。
今回食べる商品には「トマト」は含まれていない。

aonodoukutsu010.jpg
中身。
黄色いチーズがふんだんに使われてそうなソースが凍っている。

aonodoukutsu011.jpg
冷凍されたままの姿を裏から。
気のせいか、少し恥ずかしがっているような気がした。

aonodoukutsu012.jpg
そして電子レンジで所定の時間を調理したものがこちら。
黄色い濃厚そうなソースはしっかりと溶けている。

aonodoukutsu013.jpg
黄色いソースにばかり目がいきがちだが、その上には赤身のベーコンも。
これが熟成されたベーコンなのだろう。
私はその風味を確かめるべく、皿に盛りつけようと思った。

aonodoukutsu014.jpg
この私としたことが、盛り付けを失敗してしまった。
ブロガーとして、まだまだ未熟であることを痛感する一枚だ。

aonodoukutsu015.jpg
濃厚なカルボナーラソースがしっかりとリングイーネに絡んでおり、
その香りは、まさにカルボナーラの香りだった。
私は、フォークを手にとり、ゆっくりとしっかりかき混ぜて一口目を食べることにした。

~感想~
一口目を食べる。
見た目濃厚なソースは、リングイーネと口の中でほどけながら香っていく。
冷凍食品にしてはカルボナーラの風味が再現できているように思った。
妙な肉の臭さもなく、純粋にチーズのコクと風味が楽しめる一皿だ。

リングイーネが、さらっとしているカルボナーラソースをしっかりと受け止めて、
口の中で噛みしめる度にカルボナーラをしっかりと味わえる。

前回食べた「うにのカルボナーラ」はトマトの風味が前面に出過ぎていて、
カルボナーラとしての味わいを楽しむ事が出来なかったが、
これは間違いなくカルボナーラを食べていると言える一品。

『ごちそうさま。美味しかったです。』

■日清フーズ 青の洞窟PREMIUM 熟成ベーコンのカルボナーラ

内容量:320g(一人前)
http://aodo.jp/lineup/f02_02/

■満足度
スター
HOME