激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2014-11-28-Fri-22:38

【 八王子市 】 116皿目!美しい紅葉が見られる高尾山駅近くのイタリアンで食べるクリーミーカルボナーラ! 高尾山ふもとや@高尾山

『秋、それは美しい紅葉を見るための季節でもある。』

fumotoya001.jpg

私、木全 宇一朗は美しい紅葉を見るために高尾山に来ていた。
高尾山駅のプラットフォームは多くの観光客で賑わっている。
『やれやれ…』
そう一人呟いた私は、駅近くにあるイタリアンレストランで昼食をすませることにした。

fumotoya002.jpg
高尾山まで来てイタリアンレストランというのもどうかと思った。
高尾山といえば蕎麦であろう。
しかし、私はイタリアンレストランを訪れなければと思った。
そして、頭でそう考えるよりも、足が先にイタリアンレストランに向かっていたのだ。

fumotoya003.jpg
イタリアンレストランの名は「FUMOTOYA」。
食べログでは「高尾山ふもとや」という名前で登録されているようだ。

fumotoya004.jpg
ウッド階段を一歩一歩のぼり続けていく。
のぼりきった場所には、大きな樽が置かれており、それは私を歓迎してくれていた。

fumotoya005.jpg
紅葉シーズンの土曜日ということもあり、店内には順番待ちの長蛇が出来ている。
スマホをいじくりながら大人しく座って待っているか。
私は最後尾に並び、GREEの新作、ガンダムスピリッツをプレイした。

fumotoya006.jpg
「木全様、木全様、いらっしゃいますか?」
ほどなくして私の名前を呼ぶ声が聞こえてきた。
長時間の待ちを覚悟していたが、回転率が良い為かストレスを感じない時間だった。
『はい。』と少し大きめの声で返事をし、店員さんに駆け寄った。

fumotoya007.jpg
小さめのテーブルに案内された私は、早速メニューに目を通す。
事前にネットで情報を得ていたので、当然私の注文する品は決まっている。

fumotoya008.jpg
私は、そっと手を挙げ、かけつけてくれた店員さんにこう告げた。
『カルボナーラを1つ、お願いします。』と。

fumotoya009.jpg
注文を済ませた後、何気に店内を見渡してみた。
回転率の良い理由に気がついた。
それはきっと、店員さんの対応の迅速さに尽きるのだろう。
全ての店員さんが丁寧な接客、かつ、素早い客対応をしている。
私、木全 宇一朗は素直に感心した。

しばらくして、私が注文した品がテーブルに届けられた。
「カルボナーラです。お待たせいたしました。」

fumotoya010.jpg
(生クリーム仕立ての胡椒のきいたリッチなカルボナーラ 990円)
細めのパスタに生クリームがしっかりと絡んでおり、その周辺に黒胡椒が散っている。
この黒胡椒の散乱具合が、見る者の食欲を強く刺激する。
ベーコンの良い香りが鼻をくすぐる。

fumotoya011.jpg

fumotoya012.jpg
こういってはなんだが、実はそれほど強く期待はしていなかった。
カルボナーラを注文すれば、ファミレスで出てくるクオリティのものが出てくると思っていた。
が、私の予想は良い意味で裏切られたのだ。
食べる前のこのビジュアルで、ファミレスクオリティ以上のものであることは解った。

fumotoya013.jpg
ときめく胸の高鳴りを抑えながら、
私はフォークのくるくると巻きつけた最初の一口をいただくことにした。

~感想~
口の中にフォークに巻きつけた部分を放り込んでみる。
カルボナーラが口に入った瞬間、チーズが溶け込んだクリームの香りが広がっていく。
そのまま噛みしめると感じられる黒胡椒の風味とチーズの旨味。
『これは想像以上に美味しいじゃあないか。』
私、木全 宇一朗は独り言をぶつぶつと呟いていた。

細めのパスタの茹で具合がとてもよく、噛みしめるとアルデンテの食感を存分に楽しめる。
なにより、コシのある細いパスタは、ツルツルとした感覚も楽しめて良いものだ。
もちろん食感だけでなく、味付けもカルボナーラを満喫できる美味しさだった。
黒胡椒が軽く香り、そのあとからクリームとチーズの旨味が広がっていき、
ベーコンの風味と味わいが口の中で混じり合って、美味しいと感じたものだった。

私の空腹度が高まりすぎていたせいもあるだろうが、若干ボリュームは少ない気がした。
しかしながら美味しいカルボナーラであることには変わりなく、
秋の紅葉を見る前に、しっかりとした昼食を取る事ができて、私は幸せを感じていた。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

fumotoya016.jpg
紅葉。
それは、秋から冬にかけて見ることが出来る奇跡のひとときだ。
この美しい自然に心を癒されて、残りわずかな今年を、来年に向けて一生懸命に生きよう。
そう心の中で強く思った。

■ふもとや(FUMOTOYA)

住所
東京都八王子市高尾町2241(京王線 高尾山口駅直結)

営業時間
平日
[11:00~17:30]
土日祝日 
[10:00~18:30]

食べログ

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター


2014-11-22-Sat-22:55

【 神奈川県横浜市 】 115皿目!横浜元町にある小ぢんまりとしたパスタ屋で食べるクリーム系カルボナーラ! ラペスカ(La Pesca)@神奈川県横浜市

『横浜の元町を颯爽と歩く私は、いったいどんな風に見えているのだろうか?』

lapesia001.jpg

元町のこの通り、私、木全 宇一朗がとても好きな雰囲気のストリートだ。
天気はあいにくの曇り空であったが、私の気分はサンサンと輝いていた。

lapesia002.jpg
通りの真ん中に設置されているクリスマス風の飾り付け。
このような飾り付けをみるたびに、私は心が切なくくすぐられる。
『もうすぐ一年も終わりか。』と。

lapesia003.jpg
この日、私は横浜で一番美味しいカルボナーラが食べられるお店を目的にしていたのだが、
残念なことにランチ時間は貸切の為、入店できなかった。
せっかく横浜に来たので、別のお店でカルボナーラを食べようと考えたわけだ。

lapesia004.jpg
そして、私は元町プラザ内に侵入した。
ここの3階部分はレストランフロアになっており、そこに一軒パスタ屋があるという情報を、
私、木全 宇一朗、得意のスマートフォンからゲットしたからだ。

lapesia005.jpg
店の名前はラペスカ。
クリーム色の壁に書かれた「パスタ厨房」という文字がお洒落だ。
歩き回って空腹だった私は、そのまま颯爽と入店した。

lapesia006.jpg
店内は小ぢんまりとしていながらもお洒落な雰囲気のお店だった。
親しげで優しそうな店員さんがお水を運んできてくれた。

lapesia007.jpg
テーブルの上にあるメニューを確認することにしよう。
私は独り言をつぶやくと、中身にさっと目を通した。

lapesia008.jpg
クリームソースの欄に、私の目的の品があった。
私は店員さんに声をかけ、『卵とベーコンのカルボナーラを1つ。』と丁寧にお願いした。

lapesia009.jpg
料理が運ばれてくるまで、私は自慢のipadを取り出し、例のゲームをすることにした。
そう、SDガンダムオペレーションズ タブレット版だ。
サービス開始から一年以上やり続けているのか。
時間が経つのは早いものだ。
そのような感慨深い思いにふけっていると、お目当ての料理が運ばれてきた。

lapesia010.jpg
(卵とベーコンのカルボナーラ 972円)
卵の黄身が茹で上げられたパスタに乗っている、クリーム系のカルボナーラ。
緑色のパセリと、粉雪のようにふりかけられたチーズが美しいじゃあないか。

lapesia011.jpg

lapesia012.jpg
クリーム系のカルボナーラではあるが、水分は少なめのタイプ。
クリームがたっぷり使われ過ぎているような、シャバシャバしたものではない。
綺麗な赤身のベーコンも、しっかりと調理されておりジューシー感が漂う。

lapesia013.jpg
この綺麗な黄身をフォークで丁寧につぶして、早速一口目をいただくことにする。

~感想~
フォークにくるくると巻きつけたパスタを、口の中に放り込んで噛みしめる。
歯ごたえが良い茹で具合で、食感が心地良い。
パスタにしっかりと絡んでいるクリームには、ベーコンの香りとチーズの味わいがうつり、
いかにもカルボナーラを食べているという気にさせてくれる。

ひさびさにチェーン店じゃないお店で食べたカルボナーラは、
『しっかりとしたカルボナーラを食べることができたなあ。』という感想だ。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

lapesia014.jpg
店を後にした私、木全 宇一朗は、そのまま横浜中華街へと姿を消した。

■ラペスカ( La Pesca )

住所
神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ 3F

営業時間
11:30~22:00(L.O.21:00)
ランチ営業、日曜営業

食べログ
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14006651/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2014-11-11-Tue-00:55

【 チェーン店 】 114皿目!すかいらーくグループのイタリアンレストランで食べるクリーム系カルボナーラ! グラッチェガーデンズ!

『そういえばグラッチェガーデンズには入店したことがなかったな。』

gracche001.jpg

グラッチェガーデンズの看板を外から見た時に思った。
カルボナーラブログを書いている私、木全 宇一朗としては確実に押さえておくべき店だろう。
そう考えた私は、何かに導かれるままに入店した。

gracche002.jpg
入店時間はちょうど19時。
まさにディナータイムのピーク時なのか、多くのお客さんで賑わっているようだった。
「何名様ですか?」と、女性の店員さんに確認される。
『1人です。』と告げると、テキパキと私をテーブル席まで案内してくれた。
私は、彼女の機敏な動作と対応に深く感心していた。

gracche003.jpg
お気に入りのタケオキクチのジャケットを脱ぎ、私は、気取った雰囲気で着席した。
目の前にセットされているメニューに目を通す。

gracche004.jpg
グラッチェガーデンズを利用するのは初めてだった。
初めてのお店でメニューを見るこの時間は、私にとってとても楽しい時間なのだ。
この時の私は、きっと、少年のように目を輝かせていたことだろう。

gracche005.jpg
私は卓上の呼び鈴を鳴らした。
やってきた店員さんに『カルボナーラを1つください。』と、告げた。
メニューで一番大きく扱われているということは、一番オススメということだろうか。

gracche006.jpg
そしてメニューに記載されている「プラス100円で削りたてチーズ」も注文してみた。
この「削りたてチーズ」というキーワードに、私の食欲が強く刺激されたようだ。

しばらく待っていると、注文の品が運ばれてきた。
「お待たせいたしました、カルボナーラになります。」

gracche007.jpg
(カルボナーラ 599円)
私の目の前に現れたカルボナーラは、まさに、ファミレスのカルボナーラという感じだった。
中央に乗せられた卵が良い演出をしている。

gracche008.jpg

gracche009.jpg
茹で上げられたスパゲティには、粉チーズがまばらに振りかけられており、
チーズの上からは黒胡椒がパラパラと使われている。
その周辺にはスライスされたベーコンが赤色の存在感をはなっている。

gracche010.jpg
私は、中央に乗せられたこの卵を、フォークで破ってみることにした。

gracche011.jpg
『ットコチョゥ』という効果音とともに、黄身が広がっていくようだ。
この黄身と茹で上げられたスパゲティを、フォークとスプーンで綺麗に混ぜていく。
粉チーズと黒胡椒もしっかりと巻き込みながら混ぜていくのだ。

さっそくいただくことにしよう。

~感想~
口の中でパスタを噛みしめた瞬間、感じられたのはクリームの風味とスパゲティの塩気だった。
あと乗せ卵の風味が少し弱く、チーズ感も物足りなく感じられた。

gracche012.jpg
さっそく、このチーズおろしをつかって、削りたてのチーズを投入してみる。
劇的に味が変わったわけでもなかったが、チーズ感は増して美味しいと思った。

パスタの食感はとてもモチモチとしていて、まるで生パスタを食べているような感覚だったが
メニューに特別記載があるわけでもなく。
食べていて気持ちの良い食感で、クリーム系のソースに良く合うなと感じた。

すかいらーくグループでカルボナーラを食べるのは初めてであったが、
価格は安く、値段以上の満足感は得られる一品ではないだろうかと思った。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■グラッチェガーデンズ

公式WEB
http://www.skylark.co.jp/grazie_gardens/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター


HOME