激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2014-01-18-Sat-22:03

【 チルド・レトルト・インスタント 】 94皿目!麻布十番シリーズのカルボナーラ!

『珍しいレトルトのカルボナーラだな。』

azabucar001.jpg

食品売り場でこの商品と出会ってしまった私は、導かれるままにレジでお会計をしていた。
「この商品を試してみろ。」
誰かが私の心に直接訴えかけてきたのだ。

azabucar002.jpg
キャッチコピーは
ひとりで食べても美味しいパスタ
 クリーミーなソースに効かせる
 後がけの黒こしょうが香ります。

意味が解るようで微妙に解らない、そんなキャッチコピーだな。
私、木全 宇一朗は率直な感想を口から漏らしていた。

azabucar003.jpg
盛り付け例の写真。
写真に使われているパスタはフェットチーネだが、
私、木全 宇一朗はスパゲティで作ろうと思う。フェットチーネは苦手だった。
いずれは好きになるときが、そんな時代がやってくるのだろうか。

azabucar004.jpg
裏面。
各レトルトメーカー、裏面のデザインにもこだわりが見えるのが面白い。
すっきりしたデザインの中に映えるセンス。
ブラックボードをデザインに使うこのパッケージは、まさに私好みであると言える。

azabucar005.jpg
そのブラックボードの中には、商品説明が力強く、
それでいてメーカー側の自信が伝わってくる文書が存在している。
2種類のチーズとパンチェッタを使用。か。
レトルトの中で、このこだわりがどこまで生きているのか楽しみだな。

azabucar006.jpg
召し上がり方の説明書きもお洒落に感じる。

azabucar007.jpg
原材料一覧。
チーズの割合はパルミジャーノレッジャーノが69%
ペコリーノロマーノが31%

商品説明にはパンチェッタの旨味と書かれていたが、
実際に使われているのはベーコンだというのか。

azabucar008.jpg
原材料を英語でも併記するというこだわり。
余計なステッカーを貼らなくても、このまま海外に輸出出来そうな商品だな。

azabucar009.jpg
私、木全 宇一朗はその商品の箱を丁寧に開けてみた。
中からは何の変哲もないレトルトソースと、黒胡椒と思われるものが出てきた。

azabucar010.jpg
そして私は、このレトルトソースを鍋で加熱する。
たっぷりの愛情を込めながら。

azabucar011.jpg
そして私は、スパゲティを別のお鍋でアルデンテに仕上げることにする。
たっぷりの期待を胸に秘めながら。

azabucar012.jpg
アルデンテに仕上がったスパゲティをフライパンにうつす。
湯気を立てているその姿は、まるで、生まれたての生命のようだ。

azabucar013.jpg
加熱が終わったレトルトソースをパスタの上にかけ、
私、木全 宇一朗は容赦なくそれをトングでかき混ぜることにする。

azabucar014.jpg
完成だ。
別添の黒胡椒も忘れずに使用している。
これでこの商品の美味さを100%味わうことが出来るはずだ。

azabucar015.jpg
その美味しそうな見栄えに胸をときめかせながら、
私は一口目を食べる事にした。

~感想~
一口目をしっかりと噛みしめながら舌の上で味わう。
噛みしめる度にレトルトソース特有の「くん液」の香りが広がる。
くん液を使用することで、肉の香ばしさを再現しようと考えているのだろうが、
この香りは、カルボナーラには不必要な香りだと毎回感じる。

牛乳がベースのクリームソースの中で、
二種類のチーズの味わいがその存在感をしっかりと表現している。
チーズの微かな酸味と旨味が感じられる仕上がりのソースだと言える。
レトルトのソースで、チーズの存在感をここまで出しているのは評価が高いと感じる。

パッケージに書かれている「パンチェッタの旨み」とやらは感じられる事がなかったが、
全体的にはよくまとまっていて、レトルトの中では中々の一品。
くん液の香りが余計な存在に思えるので、もう少し控えめであればと個人的には思う。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■株式会社ミナト商会 麻布十番シリーズ カルボナーラ
内容量 125g
http://www.minato-a10.co.jp/products/p_azabu.html

■満足度

スター


2014-01-04-Sat-23:48

【 千代田区 】 93皿目!東京駅地下にあるガンダムカフェで食べるホワイトベースの生パスタカルボナーラ! ガンダムカフェ東京駅店(GUNDAM Café)@東京駅

『東京駅の地下にガンダムカフェだと?!』

gundamcafe001.jpg

私は、地方から東京まで遊びにきてくれていた友人を見送る為、東京駅に来ていた。
友人の出発時間まで時間があった為、東京駅一番街をふらふらしている時に見つけたのだ。
そういえば東京駅に3号店がオープンするというニュースを随分前に見た記憶がある。

gundamcafe002.jpg
店の入り口にはところ狭しと、ガンダムグッズが販売されていた。
噂によると「3倍辛いシャアカレー」は本当に辛いらしい。
地方から旅行で来られた方には良いお土産になるのではないだろうか。

gundamcafe003.jpg
同じく店の入り口付近には「ハロ」をモチーフにしたどら焼きや、
ザクやズゴック、そして巨大モビルアーマービグザムをモチーフにした豆腐が販売されている。
画像左下に微妙に写りこんでいるのがビームサーベル傘である。
この傘を振り回してガンダムになりきるのも悪くないかもしれない。
もちろん、人様に迷惑をかけないことが前提ではあるが。

gundamcafe004.jpg
鍋用ズゴック豆腐のポスター。
ファーストガンダムのモビルスーツはシンプルながらもカッコいい。

gundamcafe005.jpg
豆腐のショーケース上には、シャア専用ザクとシャアのフィギュアが飾られている。
私、木全 宇一朗は心の中で大きく叫んでいた。
「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差でないということを教えてやる!」と。

gundamcafe006.jpg
私、木全 宇一朗がこのガンダムカフェに興味を大きく示した理由は2つ。
1つ、私がガンオタだから。
2つ、このガンダムカフェ東京駅店では生パスタを提供しているから。


gundamcafe007.jpg
私の目的の品はもちろんこれだ。
商品名は「ホワイトベースの生パスタカルボナーラ」
地球連邦軍のペガサス級強襲揚陸艦の名前がついたこのカルボナーラ。
私、木全 宇一朗が試食しようというのだ!

gundamcafe008.jpg
店内に入ると入り口付近に、身長1m程度のガンダムが設置されている。
もちろん触れてはいけない。

小さな子供が触れようとしていたが、
連邦軍のユニフォームを着用した店員さんがすかさず注意していた。
まるでニュータイプのような鋭さに、私はとても感動した。

gundamcafe009.jpg
店内のモニターには、歴代ガンダムの映像や、真ガンダム無双の映像が流れている。
さすがはガンダムカフェ。
私のようなガンオタだけでなく、小さなお子様連れも楽しめるお店のように思う。

gundamcafe010.jpg
店内にもガンダムグッズが販売されている。
ざっと見た感じ、ファーストガンダム関連の物がほとんどのようだ。

gundamcafe011.jpg
天井にはガンダムの顔が描かれている。
ガンダム好きにはたまらない空間だ。

gundamcafe012.jpg
注文する前に、座席の確保をお願いしますとの事なので座席の確保を行うことにした。
テーブル上にはメニューが置かれている。
「味にこだわって生パスタはじめました!」か。
徐々に私の中の期待感が高まってくる。

gundamcafe013.jpg
メニューを裏返すとドリンクメニューになっている。

gundamcafe014.jpg
ソフトドリンクには「ハロラテ」や、お子様向けドリンクとして「カツ」「レツ」「キッカ」。
次世代のニュータイプに捧ぐ一杯とは。まさに胸熱。

gundamcafe015.jpg
アルコールドリンクには「赤い彗星」「青い巨星」「クワトロ・バジーナ」「大気圏突入」。
「大気圏突入」はレベル1~3まで選べるのだが、何やら危険な香りがする。

gundamcafe016.jpg
ハイボールとボールをかけあわせるセンスは抜群に思う。

gundamcafe017.jpg
私はレジで連邦軍女性士官に「ホワイトベースの生パスタカルボナーラを一つ。」と告げた。
店員さんのなりきりぶりに感動した。

gundamcafe018.jpg
ほどなくして、友人が注文した「クワトロ・バジーナ」が提供された。
友人曰く、「普通のアセロラ味のカクテルだ。」との事。

続いて私が注文したカルボナーラが男性店員さんによって運ばれてきた。
「カルボナーラ、お待たせいたしました。」

gundamcafe019.jpg
(ホワイトベースの生パスタカルボナーラ ¥890)
おお。ついにこの瞬間がやってきた。
一体ホワイトベースの生パスタカルボナーラはどのような味がするのだ。
口の中に含む瞬間が楽しみで仕方がない。

gundamcafe020.jpg
生パスタカルボナーラは生クリームが使われているクリーム系のカルボナーラ。
生クリームが使われているといっても、クリームでシャバシャバになっていないもの。

gundamcafe021.jpg
ベーコンは表面上には見えないが、パスタの奥にかすかに見え隠れしている。
あまり多くの量は使われていないのだろう。
パセリは乾燥タイプのパセリ。胡椒は一般的にスーパーで買えるものに見える。

gundamcafe022.jpg
パスタの一番上には、地球連邦軍のエンブレムがかたどられた大根のようなものが。
ガンダム好きの方であれば、これを見た瞬間に「ニヤリ」としてしまうのではなかろうか。
私、木全 宇一朗はフォークを使ってしっかりとかき混ぜ、一口目をいただくことにした。

楽しませてもらおうか。
ガンダムカフェのカルボナーラの味わいとやらをな!

~感想~
フォークにしっかりと巻きつけて、最初の一口目を口に入れる。
生パスタの食感は最高で、モチモチとした感触を噛みしめる度に楽しめる。
このモチモチとした食感は、乾麺では出せないものだろう。

味わいも期待していた以上に美味しく、決して悪くないレベルのものだ。
少なくとも、サイゼリヤやプロントのカルボナーラよりは美味しいと感じた。

生クリームがあまり使われていない為、ソースとパスタをかき混ぜる時の感覚から、
濃厚で重たいカルボナーラをイメージしていた。
しかし、実際に味わってみると、モチモチとした食感に優しい味わいが乗ってきて、
大人から小さなお子様まで楽しめるような味の仕上がりになっている。

東京一番街の他のお店に比べるとお店のスペースは小さいが、
その分回転率が良く、すぐに入店できるお店なので、
待つことなく、短時間でご飯を済ませたい時や、ちょっとした休憩時に重宝するお店だ。
小さなお子様連れの方にもオススメできるお店。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■ガンダム カフェ 東京駅店 (GUNDAM Café)

住所
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街

営業時間
10:00~22:30
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13150699/

公式WEB
http://g-cafe.jp/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター
(ガンダム好きならスター

2014-01-01-Wed-09:53

【 その他 】 【2014年】新年明けましておめでとうございます。

『新年明けましておめでとうございます。』

私、木全 宇一朗は心の中でモニターに向かってそっと呟いた。
フルボディの赤ワインを右手に持ちながら。

去年の2月からブログを始めて、来月で1年を迎えるわけだが。
始めた当初はここまで長く続けるつもりはなかった。と、いうのが正直なところだ。

だが、ブログの記事を更新するたびに、
当ブログへのアクセス数もしだいにふえてきて、
いつのも間にか更新することが楽しみになっていたのだ。

私、木全 宇一朗は感謝の気持ちを今ここで伝えたい。
ありがとう。と。

体重管理にも気をつけながら、継続して激ウマなカルボナーラ探求を続けようと思う。
引き続きよろしくお願いいたします。

2014年1月1日
木全 宇一朗

HOME