激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-03-31-Sun-11:20

【 チルド・レトルト・インスタント 】 26皿目!セブンイレブン(7&I)の冷凍PB商品!セブンプレミアム カルボナーラスパゲッティ!

『セブンイレブンの冷凍カルボナーラだと?!』

711p001.jpg

朝、急にコカコーラが飲みたくなり、近所のセブンイレブンに行ったら発見した一品。
セブンイレブンのPB商品ラインナップに冷凍パスタまであったとは…。

711p002.jpg

大きな文字で力強く
「カルボナーラスパゲッティ 生クリームを使ったクリーミーなソースに
ベーコンとほうれん草をからめました。」
と、書かれている。
日清さんの冷凍スパ王カルボナーラにもベーコンとほうれん草が使われていたが、
メーカーは同じ日清さんなのだろうか?

711p003.jpg

一人前300g!198円!一食あたり461KCAL!

711p004.jpg

裏面に何やら多くの文字が記載されている。

711p005.jpg

作り方説明。
「上ブタをはがさずに加熱すると破裂しますので、必ず上ブタを~」
ぶっそうなことが書かれている。

711p006.jpg

栄養成分表示。
一食あたり、エネルギー461KCAL、たんぱく質14.7G、脂質18.0G、
炭水化物60.0G、ナトリウム1.0G


711p007.jpg

製品詳細。
製造者は「日本製粉株式会社」と、ある。日清さんとは違った。

711p009.jpg

中身を取り出してみる。器つきで豪華。

711p010.jpg

横からの写真。

711p011.jpg

711p012.jpg

この点線まで剥がさないと破裂します。と、言われては剥がすしかない。
お試しで破裂させてみたい気持ちも少し。

711p013.jpg

剥がしてみた。ソースが見事に凍っている。
結構な量のソースが使われているようだ。

早速電子レンジに入れて、5分加熱してみよう。

~5分後~

711p014.jpg

小窓が曇っている。
蒸気がこの中にあふれているのだろう。

foodpic3338902.jpg

中身のチェック。
カチンコチンに凍っていたソースが、見事に溶けている。

foodpic3338900.jpg

上ブタを全部剥がした。
どうやらソースが溜まっていたのは左下だけのようだ。
ほうれん草とベーコンが鮮やかに彩る。

foodpic3338897.jpg

ほうれん草って栄養が抜けやすい野菜の一つだと思うのだが、
冷凍食品になることにより、その栄養はどうなるのだろう。
加熱と同時に抜けてしまっているのかな。
それとも?
(ご存知の方教えてください!)

foodpic3338895.jpg

容器の左下にはソースが溜まっているが、
右上にはまったく溜まっていない。
ここに何か美味しさの秘密でもあるのだろうか。

foodpic3338894.jpg

スプーンとフォークを使ってかき混ぜてみる。
全体にクリームソースが綺麗にいきわたった。

foodpic3338893.jpg

クリームソースの量は十分だ。
見た目からソースの濃厚な感じが伝わってくるようだ。

foodpic3338892.jpg

フォークに巻きつけて、さっそく一口いただきます。

~感想~
普通に美味しい。
正直、冷凍食品だからと期待していなかった。
だが、麺はパサパサではなく、噛みしめた時の歯ごたえが予想よりも遥かに良く、
麺がパサパサした粉っぽい食感ではないというだけで高評価だ。

冷凍食品特有の風味はあるものの、ソースには味がしっかりとついており、
カルボナーラの味わいを楽しめることが出来た。
粉チーズなんかをつぎたせば、立派な一品になるだろう。

レストランで食べるカルボナーラにはさすがに劣るが、
PRONTOのカルボナーラと比較出来るレベル。
PRONTOよりも価格が安い分、こちらに軍配があがってもおかしくない。

具材のほうれん草は多少水っぽい。
ベーコンは見た目以上に歯ごたえもよく、悪くない仕上がりだと思う。

198円という価格を考えれば、十分満足できる一品だ。

『ごちそうさま。美味しかったです。』

■セブンプレミアム カルボナーラスパゲッティ
内容量:300g(一人前)
参考小売価格:198円
商品ホームページ

■満足度
スター

2013-03-30-Sat-01:59

【 チェーン店 】 25皿目!新宿3丁目駅上のマルイアネックス内で食べるたらこクリームのカルボナーラ! TO THE HERBS@新宿マルイアネックス

『私は一人、マルイアネックスをふらふらとさまよっていた。』

herb001.jpg

もともとの目的は無かった。
気が付けば私は8Fのレストランフロアに。

herb002.jpg

さまよっている内にお腹が空いてきた私は、
ちょうど目の前にあったイタリアンレストランに入ることに決めた。
店の名前は TO THE HERBS.首都圏で27店舗あるチェーン店イタリアンだ。

herb003.jpg

店内入り口左側には、お洒落なプラスチックの見本が置かれている。
本物のようなクオリティだ。

herb004.jpg

店内入り口を挟んだ逆側には、デザートメニューや季節限定メニューの案内がある。

herb005.jpg

春のパスタフェアと銘打った限定メニューに
空豆とスモークベーコンのカルボナーラ』と、書かれている。
とても興味があるのが、季節限定メニューではその場限りになってしまうので、
定番メニューに書かれているカルボナーラを食べよう。そう思った。

herb006_copy.jpg

店内はオレンジ色の照明で照らされており、ゆったりと落ち着ける雰囲気を醸し出している。

herb008.jpg

店内メニューを見ると、ここでも季節限定メニューが押されている。
興味はあったが、私は心を鬼にして店員さんにお願いした。

『たらこクリームのカルボナーラを一つお願いします。』

注文を終わって周囲を見渡すと、気になるものを発見した。

herb007.jpg

写真では解りにくいが、このケースの中に卵やらピザ生地やらが収められているのだ。
まるで地中海イタリアンレストランのように。

たらこクリームのカルボナーラを注文したのだが、少し後悔していた。
季節限定物とはいえど、珍しい空豆カルボナーラのが良かったかもしれない。
そんなことを考えているうちに料理が運ばれてきた。

「たらこクリームのカルボナーラでーす」

herb009.jpg
(たらこクリームのカルボナーラ 1380円)

これは凄い。
とてつもない量のクリームだ。

herb010.jpg

クリームソースにスパゲティが隠れてしまっている。

herb011.jpg

カルボナーラの上に彩られたハーブが独創的な演出。

herb012.jpg

herb013.jpg

ソースをアップで見ると、つぶつぶしたたらこが確認出来る。
たらこ入りのカルボナーラ。食べるとぷちぷちの食感なのだろうか。
思い切って食べてみた。

~感想~
見た目通りの味わいで、とにかくクリームの味が前面に感じられた。
チーズや卵は一切感じることが出来ない。
カルボナーラというより、これはたらこクリームパスタである。
と、言っても、肝心のたらこの味わいもクリームに負けてしまっている為に解らない。

麺の茹で具合は程よく、若干柔らかめに仕上げられていたように思う。

とにかくクリームの味が強く印象に残ってしまって、
それ以外には印象に残ることが出来ないカルボナーラだ。
あっさり系クリームスパが好きな人には受けが良いかもしれない。

『ごちそうさま。美味しかったです。』

■トゥ・ザ・ハーブズ 新宿店 (TO THE HERBS)
住所
東京都新宿区新宿3-1-26 新宿マルイ アネックス 8F

営業時間
[月~土]
11:30~23:00(L.O.22:00)
[日・祝]
11:30~22:30(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13038702/

■満足度

スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2013-03-28-Thu-22:37

【 港区 】 24皿目!汐留のイタリア街のイタリアンレストランで食べるシャキシャキごぼうカルボナーラ! トラットリア チャオ トーキョー@港区汐留イタリア街

『イタリア街は人工的な美しさだ。』

cusi001.jpg

汐留の再開発エリア、イタリア街。
汐留の高層ビル街の一角に、その人工的な街は存在する。
「街」といっても実際に人が住んでいるわけではなく、
そこに立ち並んでいるのはオフィスやJRAのビルだ。

イタリア街の事を書いてるブログを見つけたのでリンクを貼っておきます。
ご興味のある方はどうぞ^^)

今日のランチはイタリア街の中にあるイタリアンレストラン『トラットリア チャオ』。
cusi002.jpg

入り口が銀座のリストランテフィオレンツァに似ている。
cusi003.jpg

赤い看板に書かれたランチメニュー。パスタ、ピザそれぞれの日替わりメニューが用意されている。
cusi004.jpg

本日のパスタランチは「ごぼうのカルボナーラ」だ。心が躍動する。
cusi005.jpg

すでに時計は14時を過ぎていた為か、店内はとても空いており、
ピーク時でも広々と感じられる空間がさらに広く感じる。

14時過ぎという時間にも関わらずランチ営業をしているのはありがたい。
店員さんに確認したところ、ラストオーダーは14時半、クローズは15時との事。

cusi006.jpg

店内は白色ベースのとても綺麗なレストランだ。
その見た目に惹きつけられるのだろうか、ピーク時は多くの女性客で賑わっていることが多い。
天井はかなり高く作られており爽やかな開放感を味わえる。

私はテーブルの片づけ作業中の店員さんに
「本日の日替わりパスタお願いします。」と告げた。

ランチにはサラダバー(スープ込)とドリンクバーが含まれている。
これで1000円ならコストパフォーマンスは良い。

cusi007.jpg

サラダはプチトマト、レタス、水菜の定番物から、かぼちゃサラダなんてものもある。
ドリンクはコーヒー、紅茶、オレンジジュース。

cusi008.jpg

例えばレタスをこんな感じで盛りつけてみる。
野菜は新鮮で、ドレッシングを使わなくても美味しく食べられる。

すでにピーク時は過ぎているからだろうか、
メインの料理が早速テーブルに運ばれてきた。

『日替わりのカルボナーラお待たせいたしました。』

foodpic3328104.jpg
(ごぼうのカルボナーラ 日替わりメニュー 1,000円)

色がとても白いカルボナーラ。見た目からはあっさり系の印象を受ける。
クリームが多めで、チーズと卵の割合は低いのかもしれない。

foodpic3328112.jpg

確かにごぼうが入っている。ベーコンも隠れているがしっかりと存在している。

foodpic3328121.jpg

ソースの色は白色に近い。気泡がとても上品に見える。

foodpic3328123.jpg

フォークを使ってかき混ぜてみた。私が想定していなかった意外な感覚が手に伝わってきた。
サラサラなパスタをイメージしていたが、見た目に反して意外に「ねっとり」としている。
意外性を楽しみながら、さっそく一口食べてみることにする。

foodpic3328131.jpg

~感想~
ごぼうの風味と、シャキシャキした食感がたまらない。
カルボナーラとごぼうの相性が良いことを学んだ私は、また一つレベルアップした。

ソースは見た目に反してサラサラではなく、粘度は高めだ。
味は濃厚ではなく、どちらかというあっさり目の味付け。
しかし、この味付け具合が絶妙で、ごぼうの風味と組み合わる事で絶品のカルボナーラとなる。
女性受けしそうな味付けだと思う。

スパゲティは細めのタイプを使用しているが、噛みしめると弾力があって
歯ごたえのある仕上がりになっている。

濃厚なローマ風カルボナーラが好みの私が素直に美味しいと感じることが出来た
あっさり系カルボナーラ。

これ、日替わりじゃなくて定番でずっと提供してくれないかなあ。

『ごちそうさま。美味しかったです。』

幸せな気持ちでレストランの外に出ると、目に留まったものがあった。
これだ。バスケットゴールである。
cusi010.jpg

私の脳裏にとあるCMが思い浮かんだ。
スーツを着たリーマンがビルの屋上でバスケをしている切ないCM。
BGMは東京砂漠
あのCMに出ていたサラリーマン役者は、今は何をやっているのだろうか。
CMのようなマンションは買えたのだろうか?
彼らの行方は誰も知らない。

■トラットリア チャオ トーキョー (Trattoria CIAO Tokyo)
住所
東京都港区東新橋2-4-1 サンマリーノ汐留1F

営業時間
11:30~15:00
17:00~22:30
ランチ営業、日曜定休日

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13116438/

■満足度

スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

HOME NEXT