激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2016-06-12-Sun-22:48

【 チェーン店 】 134皿目!六本木ヒルズのカプリチョーザの新形態店で食べるオーソドックスなカルボナーラ!カプリカフェ@六本木ヒルズ

『ヒルズの夜景を君にプレゼントしよう。』
???「素敵、宇一朗!」

capricho001.jpg

そう呟いた私、木全 宇一朗は六本木ヒルズタワーの展望フロアにいた。
ここから見える東京の景色は美しい。
いつも人込みで溢れかえっている東京だが、ここからの眺めは最高だ。
景色を満喫した私は、脳内で、理想の恋人と腕を組みながら展望フロアを後にした。

capricho002.jpg
空腹を感じた私は、一人でふらふらとレストランを探して徘徊していた。
現実に引き戻された私の目に、一軒の店が飛び込んできた。

capricho003.jpg
カプリカフェ。カプリチョーザの系列だろうか。
店を探し回ることに疲れた私は、何も考えずに入店することにした。

capricho004.jpg
店内は広く、雰囲気のいい内装に落ち着いた空間が広がっている。
カプリカフェというだけのことはあるじゃあないか。

capricho005.jpg
メニューはカプリチョーザのそれと同じだろうか。
私は店員さんに丁寧に注文をすることにした。
『カルボナーラ、ひとつお願いします。』

capricho006.jpg
店内を見渡してみると、一人で来ているお客さんも多い。
『同士よ。』
心の中で彼等との絆を育んでみた。

絆を勝手に育んでいる間に、注文したカルボナーラが運ばれてきた。

capricho007.jpg
(カルボナーラ 1,080円)
生クリームが使われている、きわめてオーソドックスなカルボナーラ。
それはチェーン店で提供されているカルボナーラの見本のような姿だった。

capricho008.jpg

capricho009.jpg
使われている具材はベーコンに黒胡椒、生クリームにチーズといったところだろう。
日本では一番基本なカルボナーラのスタイル。
生クリームを使うことで、作り手も安定したものが提供できるようになるようだ。

capricho010.jpg
手元にあるフォークとスプーンを使って、しっかりとかき混ぜてから食べることにした。

~感想~
ひさしぶりに食べたカプリチョーザのカルボナーラは、記憶よりも美味しいと感じられた。
スパゲティのゆで具合はアルデンテに仕上げられており、歯ごたえがよく、適度な塩気もついている。

生クリームがベースになっているカルボナーラソースの味わいも安定している。
クリーム感が強すぎるわけでもなく、チーズ感が弱いわけでもなく、
全体のバランスがいい塩梅に整えられており、万人受けしそうな一品だった。

先日、テレビ番組の「麺チェーン店総選挙2016」なるものの中で、
カプリチョーザのカルボナーラが15位にランクインしていたのは伊達じゃあないな。
ニヒルな笑みを浮かべながら、私はレジに向かった。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■カプリカフェ
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13154405/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2016-05-21-Sat-00:55

【 チェーン店 】 133皿目!うどん屋の「つるとんたん」で食べるカルボナーラのおうどん!つるとんたん@東京駅

『東京駅の地下街は相変わらず広い。』

tsuruton001.jpg

お目当ての店があるビルを探し続けて、ようやくたどり着いた。
このビルのレストランフロアに「つるとんたん」というお店がある。
イタリアンではなく、うどん屋さんだ。

tsuruton002.jpg
このお店には「カルボナーラのおうどん」なるメニューが提供されていると聞きつけ、
そば派の私、木全 宇一朗が食してみようと思いやってきた。

tsuruton003.jpg
11時半という時間にも関わらず、店内は既にほぼ満席状態であった。
私は店員さんに一人できた旨を告げると、カウンターの席に案内してもらった。
着席するがはやいか、私、木全 宇一朗は店員さんにこう告げた。

『カルボナーラのおうどん、お願いします。』
「量は普通でいいですか?」
『はい。』
「麺はあったかいおうどんですので、太麺をおすすめしております。」
『細麺でお願いします。』

店員さんは「かしこまりました。」と丁寧に言うと、厨房にオーダーを通しに行った。

混雑しているため、しばらく待ってから目的のうどんが運ばれてきた。
それは私の予想を遥かに上回る器に盛りつけられていた。

tsuruton004.jpg
(カルボナーラのおうどん 1,380円)
すごく大きな器に盛りつけられてやってきた。
写真では器の大きさが伝わりにくいかもしれない。
目安として、たまごの黄身をベンチマークにしてもらえるとわかりやすいだろう。

tsuruton005.jpg

tsuruton006.jpg
クリームソースのようなスープ、黄身、ベーコン、チーズ。
カルボナーラを連想させるには十分な具材が使われているようだが、味はどうか。
早速いただくことにした。

~感想~
まずはスープを一口。
クリームがほのかに香るが、ベースはしっかりした、うどんのつゆ。

続けて細麺のうどんをすする。
しっかりと茹で上げられており、柔らかな食感が口に広がるのだが、
噛みしめるともちもちとしていてコシがある。
うどんがクリームうどんスープを持ち上げるため、うどんだしの味がしっかりと楽しめる。
うどんとしての味は美味しい。しかし、カルボナーラとしてはやはり違和感がある。

使われている具材は、レンコン、厚切りベーコン、粉チーズ、インゲン、エリンギ等。

うどんの量は普通で十分な量である。
私も結構な大食漢ではあるが、満腹になるには十分な量のうどんであったと思う。
大盛りにすると、かなりの量になると思うので、がっつりと食べたい人にはおすすめだ。

うどんとしての味わいは美味しく、満足できる一品。
ただ、カルボナーラとして考えると、もう少しカルボナーラっぽさが欲しいと感じる。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■つるとんたん 東京ビル店
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13020109/

http://www.tsurutontan.co.jp/

■満足度
うどんの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2016-05-15-Sun-03:48

【 その他 】 【お菓子】ポテリッチ うにカルボナーラ味!

『久々にポテトチップスでも食べてみようか。』

unicarbochips001.jpg

そう考えた私、木全 宇一朗は、
白Tシャツに半パン、ビーチサンダルという休日のリーマンスタイルで近所のコンビニに行った。

unicarbochips002.jpg
そこで見つけたのが、『ポテリッチ うにカルボナーラ』という商品だった。
パッケージ写真の濃厚さに釣られて買ってみることにした。

unicarbochips003.jpg
裏面。

unicarbochips004.jpg
『磯の香り豊かでクリーミーなおいしさに仕上げました。』か。
美味しそうじゃあないか。

unicarbochips005.jpg
栄養成分表示。

unicarbochips006.jpg
原材料表示。

unicarbochips007.jpg
中身。ぎざぎざカットのチップスが詰まっている。

unicarbochips008.jpg
数枚を取り出して食べてみようじゃあないか。

~感想~
パリポリと貪るように食べてみた。

最初の1口目は磯の香りが感じられたが、2口目以降は「のり塩」っぽい感じがした。
味は普通に美味しいが、「カルボナーラ」っていうよりは「バター」っぽい味わい。
「のりバター風味」と言われても違和感がない一品だ。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■満足度
スター

HOME NEXT