激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2016-06-19-Sun-21:57

【 新宿区 】 135皿目!新宿センタービル内の名店で食べるローマ風のカルボナーラ!あるでん亭@新宿

『新宿のこの風景を見ると、カラオケの映像を思い浮かべる。』

shinarude001.jpg

黒色のタンクトップを着用しているロン毛の男がこの風景を走っている。
そして、その男は突如壁に持たれて煙草を吸いだす。
謎に切なそうな顔をしたその男、時にはシャドーボクシングを繰り広げる。
次の瞬間、黒い画面を背景に、灰皿の中で赤い薔薇が燃えている。
その燃える赤い薔薇を見つめる昭和風の女性。
口紅と洋服は、もちろん赤だ。

カラオケの映像は謎だ。

shinarude002.jpg
久しぶりに新宿センタービルのあるでん亭に行きたいと思った。
このブログの最初の記事を書いた以来だ。

shinarude003.jpg
今も変わらず存在している。
『ありがとう。いつも。』
私、木全 宇一朗は心の中でつぶやいた。

shinarude004.jpg
平日の11時20分くらいに到着したが、すでに行列ができていた。
相変わらずの人気店のようだ。

shinarude005.jpg
少し並んでいると、まもなく店内に案内された。
回転率は早いようだ。

shinarude006.jpg
メニューをささっと確認し、私は店員さんに告げた。
『カルボナーラ大盛りで、ニンニクトッピングお願いします。』と。

shinarude007.jpg
私が注文した後に入ってきたお客さんも、「カルボナーラ大盛りで」というお客さんが多かった。
やはりこの店の一番人気はカルボナーラなのだな。
私はなんとも言えない嬉しさを感じていた。

「カルボナーラです。お待たせしました。」
しばらくすると、店員さんが私の料理を届けてくれた。

shinarude008.jpg
(カルボナーラ大盛りにんにくトッピング 1,250円)
久しぶりに食べる、あるでん亭のカルボナーラ。
見た瞬間に味の記憶もよみがえってきて、早く食べたい衝動にかられた。

shinarude009.jpg

shinarude010.jpg
生クリームがほとんど使われていないカルボナーラ、
卵黄ベースのソースにコーティングされたスパゲティが、黄金の輝きをはなっている。
ちりばめられている黒胡椒の香りが食欲をそそる。

shinarude011.jpg
早速この美味しそうなカルボナーラを食べることにする。

~感想~
スパゲティにコーティングされた卵黄ベースのソースが、優しく口の中に広がっていく。
ねっとりとしているが、卵黄がふわっと口どける食感は最高だ。
店名のとおり、スパゲティはアルデンテに仕上がっており、歯ごたえがとてもいい。

アルデンテに仕上がっているスパゲティをかみしめるときに、散りばめられた黒胡椒が破裂し、
ピリリとした香りが舌の上に広がっていく。
この黒胡椒のアクセントと、卵黄の柔らかさが組み合わさってとても美味しいのだ。

味付けは、チーズや塩加減が控えめになっており、卵黄の風味が感じ取れる。
テーブルの卓上には擦りおろされたチーズが設置されている。
チーズ感を増すために、全体的にパラパラとふりかけてみた。
今までの卵黄中心の柔らかな味わいが、
卓上のチーズを使用することで、別の料理を食べているかのように変貌を遂げた。
個人が好きなように調整していくことで、まるで違うカルボナーラを楽しむことができる。

やはりここのカルボナーラは美味しい。
シンプルなカルボナーラなのだが、それだけに素材の味がストレートに伝わってくる。
卓上のチーズもいい材料を使っているのだろうな。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■あるでん亭(新宿店)
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006745/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2016-05-17-Tue-04:20

【 中央区 】 132皿目!やっぱり美味しい!生クリームは使わない本当のカルボナーラ! リストランテ フィオレンツァ(Ristorante Fiorenza)@京橋

『行こうじゃあないか。3年前に訪問した激ウマなお店に。』

refioren001.jpg

銀座線を使い、京橋駅で私は下車した。
この日は風が強く、目の前では自転車が倒れてしまっている。
そんな強風の日に、私、木全 宇一朗は激ウマなカルボナーラを食べようとしている。

refioren002.jpg
激ウマなカルボナーラが食べられるお店はここだ。
リストランテ フィオレンツァ
このブログを書き始めた3年以上前に1度だけ来たことがあるお店。
色々なお店のカルボナーラを食べ歩いてきたが、改めて食べてみたいと思ったのだ。

refioren003.jpg
入り口に置かれているランチメニューの看板。
何やら懐かしい。

refioren004.jpg
ビジネスランチに私、木全 宇一朗の目的の1品が記載されており安堵した。
久々に食べる本当のカルボナーラに、私の心は踊り狂っていた。

refioren005.jpg
店内は満席だったが、カウンターに1人分の席が空いていた為すぐに通してもらえた。
私、木全 宇一朗は着席すると同時に店員さんにお願いした。
『カルボナーラ大盛りでお願いします。』と。
「かしこまりました」と、店員さんは厨房の奥へと消えていった。

refioren006.jpg
料理が運ばれるのを待っている間、私は鞄から「北斗の拳」を取り出した。
改めて読むと、ケンシロウは容赦ない主人公だ。例えば、

ケンシロウ「羅将ハンの居城はどこだ?」
雑魚「し、知らないアルよ」
ドカッ!
ケンシロウ「あるのか ないのか どっちなんだ」
雑魚「た たから 知らないアルよー」
ドコッ!ドコッ!
ケンシロウ「どっちなんだ あるのか ないのか」
雑魚「ひげえーーーー」

まさに世紀末である。

refioren007.jpg
そんなバイオレンス漫画を読んでいる間に、フォカッチャが運ばれてきた。
もっちり・ふんわりとした食感で美味しい。

フォカッチャを食べている間に、店員さんが目的の品を持ってきてくれた。
「おまたせいたしました。カルボナーラです。」

refioren008.jpg
(生クリームは使わない本当のカルボナーラ 1080円)
運ばれてきたカルボナーラは、私の記憶をまざまざと甦らせてくれた。
卵黄が大量使われているように見えるカルボナーラ。相変わらず美味しそうだ。

refioren009.jpg

refioren010.jpg
たっぷりと潤っている黄金色のカルボナーラソースが良い香りをしている。
自家製のパンチェッタもふんだんに使われており、とても美味しそうだ。

refioren011.jpg
さっそくいただくことにする。

~感想~
やっぱり最高に美味しい。これぞ激ウマなカルボナーラ。
3年前に食べた時も美味しいと感じたが、色々なカルボナーラを食べ歩いた上で食べると、
改めてこのお店のカルボナーラの美味しさを理解することが出来た。

とにかく、口の中で広がる卵の風味が凄いのだ。
卵黄のまろやかさと風味が口の中でふんわりと広がって、
そこからチーズやら黒胡椒やらの味わいに繋がっていくのだ。

味つけも、卵の味わいが中心に成立しており、塩やチーズの塩分よりも、
卵のまろやかな味わいが舌で感じられ、そのあとにチーズやパンチェッタの味わいがついてくる。
卵が味の中心になっている為、とても優しい味わいのカルボナーラになっている。
ここまで卵の風味を重要視されているカルボナーラは、中々ないように思う。

そしてパンチェッタ。
パンチェッタの量もふんだんに使われており、カルボナーラソースに染み込んでいる味わいが
卵黄の味とかけあわさって、とても良い味付けになっている。

3年前に食べたっきりであったが、
改めて食べてみると、思い出補正などではなく、本当に美味しいカルボナーラだと実感した。
やはりこの店は凄い。素直にそう思った。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■リストランテ フィオレンツァ
住所
東京都中央区京橋3-3-11 京橋サウス 1F

営業時間
11:30~14:30(ランチコースL.O. 13:30、パスタランチL.O.14:00)
18:00~23:00(ディナー L.O. 21:30)

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13043356/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2015-09-22-Tue-21:39

【 渋谷区 】 127皿目!京王線幡ヶ谷駅から徒歩5分!隠れ家的イタリアンで食べるローマ風カルボナーラ! フリット(Fritto)@幡ヶ谷

『幡ヶ谷駅周辺に、こんな商店街があるとは知らなかった。』

fritto001.jpg

ある晴れた休日、私、木全 宇一朗は幡ヶ谷駅周辺を散策していた。
目的はもちろんイタリアンレストランを探すことだが、初めて行く地を散策するのは楽しい。
初めての地で、何の予備知識を持たずにぶらぶらすることは、新たな発見にもつながる。

fritto002.jpg
今日、私は目的地をここの店に決めていた。
その店の名は「フリット」。
幡ヶ谷駅周辺のイタリアンの中で、口コミ評価の高いお店だったから興味があった。

fritto004.jpg
店の入り口前にランチメニューの看板が出されている。
煮込み豚バラ肉のローマ風カルボナーラ
今まで色々なカルボナーラを食べてきたつもりだが、煮込み豚ばら肉とは初めてだ。

fritto005.jpg
時間は11時30分過ぎ。
少し早めの昼食ではあるが、私、木全 宇一朗は意を決して階段を降りることにする。

fritto006.jpg
階段を降りきった右手に、お店の入り口が現れた。
こぢんまりとしているが綺麗なお店だ。
コンクリートで打ち付けられた外壁がクールでカッコいいとすら感じる。

fritto007.jpg
店に足を踏み入れると、半個室スペースのソファ席に案内された。
私が着席したテーブルの隣には、先客がランチの前菜を食べているところだった。
私は店員さんに『ランチ、カルボナーラで。』と、告げた。
土日祝日はBrunch Course(¥1,500)のみの提供で、アラカルトは提供していないようだ。

fritto008.jpg
それにしても。
このブログを書き始めてから、気がつけば2年以上経過している。
改めて考えてみると、時間が経つのはとても早いものだ。

fritto009.jpg
そのようなことを考えている間に、サラダとフォカッチャが運ばれてきた。
サラダの味わいは優しく、フォカッチャはふんわり・しっとりとしていた。
私の隣で食事をしているお客さんも、ご機嫌そうに大型連休について語り合っていた。

そんな幸せそうなカップルの隣で、動物感を丸出しに、ガツガツと食べている私。
ガツガツ食べている私に、イケメンの店員さんがそっとカルボナーラを届けてくれた。

fritto010.jpg
(煮込み豚バラ肉のローマ風カルボナーラ ¥1,500(コース価格)
普段、私が見ているカルボナーラと大きく違う点、煮込み豚ばら肉の存在感が大きい。
赤ワインか何かで煮込まれているのだろうか?
それを生クリームが使われていない、ローマ風のカルボナーラが土台となり支えている。

fritto011.jpg
赤く煮込まれた豚ばら肉、黒胡椒、そして粉雪のようなチーズが印象的。

fritto012.jpg
私、木全 宇一朗は、早速このローマ風のカルボナーラを食べてみることにした。

~感想~
ローマ風カルボナーラの名の通り、生クリームが使われていないソースからは、
卵の優しい味わいと風味、そしてチーズの旨味を感じる事が出来た。

ローマ風のカルボナーラにしてはソースの粘度はあまり高くない為、
使われているチーズの量は少し抑えられているのかもしれない。
私個人的には、もう少し、チーズのインパクトあるソースが好みではあるが、
とても美味しいカルボナーラだった。

特筆すべき点として、パスタを噛みしめた時に、口の中にレモンのような香りが
ふんわりと広がるのだが、この香りが、
重くなりがちなカルボナーラをライトなものにしてくれている。

レモンのような香り、卵の風味、チーズの旨味が重なり合う事で、
凄く味わいの深い一品に仕上がっていると感じた。

商品名にもなっている煮込み豚ばら肉にも、しっかりと濃厚な味付けがされていた。
口の中で噛みしめると、ほどけるように肉の繊維が溶けていき、
その存在感を食べている者に対してアピールしてくれている。

しかし、煮込み豚バラ肉は、どちらかというとトッピング的な位置づけになっており、
パンチェッタやベーコンといった、肉の旨味的なものが、
ソースに結びついていなかったようにも感じた。

全体的にはとても美味しいと感じた一品。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■フリット(Fritto)
住所
東京都渋谷区本町6-34-8 HAO634ビル B1F

営業時間
[月~金]
11:30〜14:00 (ランチメニュー)
17:30〜24:00 LO 23:00
[土・日・祝]
11:30〜15:30
17:30~24:00

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13032244/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

HOME NEXT