激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2016-05-06-Fri-15:52

【 調布市 】 131皿目!調布駅前のお洒落なビストロで食べるローマ風カルボナーラ!アラパンス(alaPince)@調布

『調布駅南口の風景は何年経っても変わらないな。』

alapance001.jpg

駅前の再開発が続いている調布だが、駅から南に向かって少し歩いた場所の風景は、
私、木全 宇一朗の記憶に残っている風景と全く変わらない。

大勝軒の看板が変わったり、パチンコ屋がなくなったりと小さな変化は起きているが、
大きくは何も変わっていない。人間、変わらないものに安心するものだな。

alapance002.jpg
南口付近の建物は、かなり年季の入ったビルが並んでいる。
なんというか、昔を感じさせる雰囲気がそのまま残っているじゃあないか。

alapance003.jpg
街の景色を見ながら歩いていると、ランチメニューの看板が私の視界に飛び込んできた。
それはまったくの不意打ちだった。

alapance004.jpg
「カルボナーラ」と書かれた、この看板を素通りしてはいけないと思った。
ワインビストロ アラパンス。
イタリアンレストランとは違うようだが、私、木全 宇一朗の足は既に店を目指していた。

alapance005.jpg
昭和を思い出させる階段を昇り2階へ行く。

alapance006.jpg
階段を昇ったすぐ先に店の入り口が現れた。
隣にはまったく別業態の店舗が入っているミスマッチ具合が雑居ビルの特徴であろう。

alapance007.jpg
店内に入ると、窓側のテーブルが空いていたので使わせてもらうことにした。
窓側の席に座って、外の景色を眺めながらの食事は楽しく感じる。
店員さんに「ランチ、カルボナーラでお願いします。」と告げた。

alapance008.jpg
間もなくサラダがテーブルに運ばれたきた。
私、木全 宇一朗は運ばれてきたサラダをむしゃむしゃと食べた。

むしゃむしゃとサラダを食べ終わった後、メインのカルボナーラが運ばれてきた。

alapance009.jpg
(カルボナーラ 980円)
それは、私の想像をいい意味で裏切ってくれたビジュアルだった。
ランチ時ということもあり、生クリームが使われている一品を想像していたのだが、
まさか私好みのローマ風がここで食べられるとは。

alapance010.jpg

alapance011.jpg
黄金色のパスタに、細かい粒子の黒胡椒が散らされている。
周辺にはしっかりと炒められたパンチェッタ。
見ているだけで食欲を強くそそられる。
alapance012.jpg
さっそくこのカルボナーラをいただくことにした。

~感想~
フォークにしっかりと巻きつけて口の中に入れる。
ゆっくりと噛みしめると、なによりも先にパスタに染み込んでいる塩気が口の中に広がった。
塩気が口に広がった後に、たまごの風味がじんわりと感じる。
この塩気は、パスタを茹でるお湯からパスタに移ったものと、パンチェッタの塩分両方だろうか。
ワインを飲みたくなってしまう味わいだ。

パスタはしっかりとアルデンテに仕上げられており、噛みしめる時の食感が心地よかった。
適度な弾力を保っているパスタを噛みしめる時の「ざっくり」感は最高だと思う。

全体的には美味しいカルボナーラだと思ったが、塩分の強さが最後まで気になってしまった。
するどく舌に突き刺さる塩の味が前面に出てくる為、チーズ感が弱い印象を受けた。

夜のディナータイム時に、それこそ赤ワインなどと一緒に食べるのにふさわしい一品と思う。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■ワインと南欧料理 アラパンス
住所
東京都調布市布田4-18-1

営業時間
ランチ
11:00~15:00(L.O.14:40)
ディナー
17:30~23:00(L.O.22:00)

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132601/13095820/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2014-11-28-Fri-22:38

【 八王子市 】 116皿目!美しい紅葉が見られる高尾山駅近くのイタリアンで食べるクリーミーカルボナーラ! 高尾山ふもとや@高尾山

『秋、それは美しい紅葉を見るための季節でもある。』

fumotoya001.jpg

私、木全 宇一朗は美しい紅葉を見るために高尾山に来ていた。
高尾山駅のプラットフォームは多くの観光客で賑わっている。
『やれやれ…』
そう一人呟いた私は、駅近くにあるイタリアンレストランで昼食をすませることにした。

fumotoya002.jpg
高尾山まで来てイタリアンレストランというのもどうかと思った。
高尾山といえば蕎麦であろう。
しかし、私はイタリアンレストランを訪れなければと思った。
そして、頭でそう考えるよりも、足が先にイタリアンレストランに向かっていたのだ。

fumotoya003.jpg
イタリアンレストランの名は「FUMOTOYA」。
食べログでは「高尾山ふもとや」という名前で登録されているようだ。

fumotoya004.jpg
ウッド階段を一歩一歩のぼり続けていく。
のぼりきった場所には、大きな樽が置かれており、それは私を歓迎してくれていた。

fumotoya005.jpg
紅葉シーズンの土曜日ということもあり、店内には順番待ちの長蛇が出来ている。
スマホをいじくりながら大人しく座って待っているか。
私は最後尾に並び、GREEの新作、ガンダムスピリッツをプレイした。

fumotoya006.jpg
「木全様、木全様、いらっしゃいますか?」
ほどなくして私の名前を呼ぶ声が聞こえてきた。
長時間の待ちを覚悟していたが、回転率が良い為かストレスを感じない時間だった。
『はい。』と少し大きめの声で返事をし、店員さんに駆け寄った。

fumotoya007.jpg
小さめのテーブルに案内された私は、早速メニューに目を通す。
事前にネットで情報を得ていたので、当然私の注文する品は決まっている。

fumotoya008.jpg
私は、そっと手を挙げ、かけつけてくれた店員さんにこう告げた。
『カルボナーラを1つ、お願いします。』と。

fumotoya009.jpg
注文を済ませた後、何気に店内を見渡してみた。
回転率の良い理由に気がついた。
それはきっと、店員さんの対応の迅速さに尽きるのだろう。
全ての店員さんが丁寧な接客、かつ、素早い客対応をしている。
私、木全 宇一朗は素直に感心した。

しばらくして、私が注文した品がテーブルに届けられた。
「カルボナーラです。お待たせいたしました。」

fumotoya010.jpg
(生クリーム仕立ての胡椒のきいたリッチなカルボナーラ 990円)
細めのパスタに生クリームがしっかりと絡んでおり、その周辺に黒胡椒が散っている。
この黒胡椒の散乱具合が、見る者の食欲を強く刺激する。
ベーコンの良い香りが鼻をくすぐる。

fumotoya011.jpg

fumotoya012.jpg
こういってはなんだが、実はそれほど強く期待はしていなかった。
カルボナーラを注文すれば、ファミレスで出てくるクオリティのものが出てくると思っていた。
が、私の予想は良い意味で裏切られたのだ。
食べる前のこのビジュアルで、ファミレスクオリティ以上のものであることは解った。

fumotoya013.jpg
ときめく胸の高鳴りを抑えながら、
私はフォークのくるくると巻きつけた最初の一口をいただくことにした。

~感想~
口の中にフォークに巻きつけた部分を放り込んでみる。
カルボナーラが口に入った瞬間、チーズが溶け込んだクリームの香りが広がっていく。
そのまま噛みしめると感じられる黒胡椒の風味とチーズの旨味。
『これは想像以上に美味しいじゃあないか。』
私、木全 宇一朗は独り言をぶつぶつと呟いていた。

細めのパスタの茹で具合がとてもよく、噛みしめるとアルデンテの食感を存分に楽しめる。
なにより、コシのある細いパスタは、ツルツルとした感覚も楽しめて良いものだ。
もちろん食感だけでなく、味付けもカルボナーラを満喫できる美味しさだった。
黒胡椒が軽く香り、そのあとからクリームとチーズの旨味が広がっていき、
ベーコンの風味と味わいが口の中で混じり合って、美味しいと感じたものだった。

私の空腹度が高まりすぎていたせいもあるだろうが、若干ボリュームは少ない気がした。
しかしながら美味しいカルボナーラであることには変わりなく、
秋の紅葉を見る前に、しっかりとした昼食を取る事ができて、私は幸せを感じていた。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

fumotoya016.jpg
紅葉。
それは、秋から冬にかけて見ることが出来る奇跡のひとときだ。
この美しい自然に心を癒されて、残りわずかな今年を、来年に向けて一生懸命に生きよう。
そう心の中で強く思った。

■ふもとや(FUMOTOYA)

住所
東京都八王子市高尾町2241(京王線 高尾山口駅直結)

営業時間
平日
[11:00~17:30]
土日祝日 
[10:00~18:30]

食べログ

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター


2014-05-30-Fri-23:38

【 調布市 】 107皿目!調布駅前付近の地下にあるお洒落なワインバーで食べる柚子胡椒のカルボナーラ! ワインバル ビバー(WINE BAL BIBBER)@調布

『ノンチェマーレの姉妹店、バールカンパリーノが閉店してるじゃあないか!』

winebar002.jpg
久しぶりに調布駅に降り立った私、木全 宇一朗が目にした光景がこれだ。
いつの間にバールカンパリーノはなくなってしまったのだろうか。
呆然と看板を眺めていると、カルボナーラらしき写真が目に入る。

winebar003.jpg
時間は11時半。
朝食を軽くしか食べていなかった為、適度な空腹感を持っている私は、
導かれるままに地下へ続く階段を降りることにした。

winebar004.jpg
この階段を降りるのも随分久しぶりな気がする。
前回来たのは1年前か。

winebar005.jpg
冷静に考えてみると、1年あれば色々なことに変化が起こるのは当たり前だと思った。
特に競争が激しい飲食業界であれば、お店が閉店することは十分にあり得ることだろう。
革靴のかかとを「コツコツ」と鳴らしながら階段を降り私、木全 宇一朗はワインバルに入店した。

winebar006.jpg
ワインバルビバーの店内は、バールカンパリーノよりもシックな配色になっている。

carba013.jpg
(こちらが以前の店、バールカンパリーノの店内)
人により好みは分かれるところだろうが、私は現在店舗のシックな内装が好みだ。

winebar007.jpg
ランチメニューへの期待と、カルボナーラが提供されているのか?という不安が入り混じる。
全体的に金額感はそれほど高くないように思える。

winebar008.jpg
パスタランチの一番上に「柚子胡椒カルボナーラ」があるじゃあないか!
ギャンブル運の無い私、木全 宇一朗も、たまには幸運を引き当てることが出来るのだな。
カルボナーラを提供しているこのお店に、心の中で深く感謝をした。

私は店員さんにウキウキした気持ちを隠しつつ、クールにこう告げた。
『柚子胡椒のカルボナーラを1つ、お願いします。』と。
「かしこまりました。」と、丁寧にお辞儀をして店員さんは去って行った。

winebar009.jpg
鞄の中から、愛用のPS VITAを取り出す。
最近のお気に入りゲームである「真・ガンダム無双」をプレイする為だ。
私、木全 宇一朗はパラス・アテネの愛用者である。
動きは早くはないが、爽快感のあるビーム砲を発射することにすべてを見出すのだ。

ゲームに熱中するうちに、店員さんが料理を運んできてくれた。
「お待たせいたしました。カルボナーラです。」

winebar010.jpg
(柚子胡椒カルボナーラ 840円)
若干太めに見えるパスタに、クリームソースがしっかりと絡まっている。
上にはパセリと細切れのベーコンが飾り付けられていた。

winebar011.jpg

winebar012.jpg
840円という価格を考えると高くはないのだが、
料理の見た目が少し寂しく感じられた。

winebar013.jpg
テーブル上にあるフォークを使い、早速一口目をいただくことにする。

~感想~
フォークにパスタをくるくると巻きつけて、口の中に放り込む。
口に含んだ瞬間、柚子の香りが今までに感じた事がない、独特の広がりを見せてくれた。
クリーム系のカルボナーラを口にすると、当たり前のようにクリームの香りが広がるが、
この店のカルボナーラは、柚子の香りなのだ。とても独創的な味わい。

ソースがしっかりと絡んだパスタを噛みしめると、今度は胡椒のピリリとした刺激が広がる。
このピリリ感が、料理の見た目以上に強烈で、ソースの細かな味わいよりも前面に出てくる。
その為、舌が少なからず馬鹿になってしまい、ソースから感じられる味が
単純な塩気とクリームの香りだけとなり、チーズの風味を堪能することはなかった。

パスタは生パスタのようなモチモチとした食感で、茹で具合も丁度よく、
この柚子胡椒がきいたカルボナーラソースとは相性が良い。

全体的には柚子胡椒が主役として前面に出てきている味わいとなっており、
カルボナーラというよりは、柚子胡椒クリームソースを食べているような気になった一品。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■WINE BAL BiBBER(ワインバルビバー)
住所
東京都調布市布田1-45-1 B1F

営業時間
ランチ(平日のみ)11:30~14:00(L.O.13:30)
ディナー 17:00~24:00(L.O.23:30)

ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/rcxbx8y60000/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター


HOME NEXT