激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-05-18-Sat-01:16

【 荒川区 】 62皿目!日暮里繊維街にある隠れ家的イタリアンレストランで食べる極上濃厚ズッキーニ入りのローマ風カルボナーラ! グランデューカ (GRANDE-YUCA 【旧店名】イタリア料理 シンデレラ)@荒川区日暮里 

『ここがエノテカ・エクウスか。』

sinderera001.jpg

それは住宅街に存在している小さなお店だった。
隣は普通の民家。家の前で、小さな子供がバットの素振りをしている。
『頑張れよ。』
私は心の中で彼を応援した。

sinderera002.jpg
ランチメニューの看板が出ている。
平日金曜のランチはレディースデイ。
男の私には関係の話だな。

sinderera003.jpg
私はエノテカ・エクウスの扉を開けて店内に足を踏み入れた。
小ぢんまりとした店内は、多くのお客さんで賑わっているようだ。

sinderera004.jpg
そして、私は日暮里に来ていた。
もちろんエノテカ・エクウスでディナーはすませていない。
「今日は予約で一杯の為、予約無しのお客さんはごめんなさい…」と、いう理由で利用出来なかった。
週末の人気店は予約が必須だな。
次は予約を取ってから行くことにしよう。

sinderera005.jpg
日暮里駅から徒歩7~8分のところにもイタリアンがあるらしいので、
気を取り直してそちらに向かうことにする。
それにしれも静かな街並みだ。

sinderera006.jpg
日暮里から7分程度歩いただろうか。
目的地のイタリアンレストランに到着した。
こちらも隠れ家的なレストランでこぢんまりとしている。

sinderera007.jpg
店の名はグランデューカ。
以前はイタリア料理 シンデレラという名前だったそう。
中々面白そうなお店だ。
私は入り口の扉を引いて、店内に足を踏み入れた。

sinderera008.jpg
店内の壁はピンクで統一されており、いかにもシンデレラといった風である。
むしろピーチ姫といった感じだろうか。
ピーチ姫と言えば素朴な疑問なのだが、どうしてクッパはピーチ姫を誘拐するのか?
マリオの気を引きたいなら、ルイージでもいいのではないか。
いや、しかし、よく考えてほしい。ルイージは誘拐するにはリスクが高い。

sinderera009.jpg
スーパーマリオの話はさておき、私はメニューを見て先に注文しておこうと思った。

sinderera010.jpg
メニューを開く。綺麗なメニューである。

sinderera011.jpg
パスタメニュー。
自家製パンチェッタを使ったカルボナーラを見事に発見。
私は店員さんに『カルボナーラ一つお願いします。』と、告げた。
「大変恐れ入りますが、当店、ワンドリンク制なんです。」
『それではカシスオレンジも一つください。』
ワンドリンク制とは珍しい気がする。これが席料の代わりか。

sinderera012.jpg
料理が運ばれてくるまでメニューを確認。
こちらはサラダメニュー。

sinderera013.jpg
前菜メニューとあたたかい料理。

sinderera016.jpg
ピザ料理とメイン。

sinderera015.jpg
本日のオススメ。
料理の種類は豊富にあるようだった。
荒川区内では、中々貴重な本格的イタリアンレストランではなかろうか。

しばらく待った後に料理が運ばれてきた。
「カルボナーラお待たせいたしました。」

foodpic3521424.jpg
(自家製パンチェッタを使ったカルボナーラ 1400円)
おお、ローマ風のカルボナーラじゃあないか。
どんなカルボナーラが出てくるか、事前知識の0の状態で来ていたが、これは嬉しい。
私、木全 宇一朗は、生クリームを使わないカルボナーラが好きだからだ。

foodpic3521432.jpg
それにしても。
カルボナーラになぜかズッキーニが乗っている。
初めて食べるタイプのカルボナーラだ。

foodpic3521427.jpg

foodpic3521430.jpg
自家製のパンチェッタは多く使われており、どんな味が楽しめるのか期待が膨らむばかりだった。

foodpic3521431.jpg
フォークを使って、丁寧にかき混ぜてから一口頂くことにする。

~感想~
いつもと趣向を変えて、今日はパンチェッタから食べてみた。

この自家製パンチェッタ、激ウマだ。
パンチェッタの仕上がりは、大体の場合がカリカリとしているものなのだが、
この店のパンチェッタはカリカリの一歩手前の絶妙な仕上がり。
口に入れて噛みしめる度にジュワアと広がる濃厚な肉汁が、
パンチェッタの塩気と相乗効果を発揮して、たまらない美味しさを作り出している。

そして次に麺を口の中に入れて深く味わう。
麺の歯ごたえはよく、生パスタのように、口の中でモチモチとした食感を楽しめる。
茹で加減も文句なしの茹で加減。

生クリームが使われていないローマ風カルボナーラの味わいはまさに極上だった。
濃厚な卵とチーズのコクが麺を口に運ぶたびに舌で感じられ、
濃厚な味わいと共に、口の中に思いっきりに広がるチーズの香りが最高である。

これだけ強力にチーズの香りが楽しめるカルボナーラも多くないだろう。
ローマ風カルボナーラ好きの方にぜひオススメの一品。

唯一不満点があるとすれば、このお店。
ワンドリンク制に加えて、席料も300円チャージされるのである。
つまり。この店にカルボナーラだけを目的に来店した場合、
1,400円+300円+ドリンク代を入れると、おおよそ2,000円はかかる計算だ。
ワンドリンク制かテーブルチャージか、どちらかだけにしてもらうと、
利用者視点では気軽に寄りやすくなっていいかなあと思うところである。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■グランデューカ (GRANDE-YUCA 【旧店名】イタリア料理 シンデレラ)
住所
東京都荒川区東日暮里6-16-5

営業時間
[月~土]
12:00~15:00(L.O.14:30)
18:00~23:00(L.O.22:00)
[祝日]
12:00~14:30(L.O.14:00)
17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日:日曜日

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131105/13035315/

■満足度

スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感

スター

店の雰囲気
スター

HOME