激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2015-09-13-Sun-17:02

【 墨田区 】 124皿目!東京スカイツリー足下のイタリアンレストランで食べる生パスタカルボナーラ! リゴレット ロティサリー&ワイン(RIGOLETTO ROTISSERIE AND WINE)@東京スカイツリー

『東京スカイツリーを下から見上げると、改めてその高さを実感する。』

rigoretto001.jpg

地上高634m。
いまだ東京スカイツリーの展望台に上ったことはない。
上から見る東京の景色はどんな感じなのだろうか?

rigoretto002.jpg
今日、私、木全 宇一朗は浅草周辺を散策していた。
そのついでにスカイツリーで昼食をと考え立ち寄ってみたのだ。
もちろん、行きたい店は既に決まっている。

rigoretto003.jpg
店の名はリゴレット ロティサリー&ワイン
略してRRW。
まるでROT(Rice On the Top)のようだ。

rigoretto004.jpg
営業時間は11時~翌朝2時までか。
仕事帰りにテラス席で一杯やるもの楽しそうだ。
妄想しながらニヤニヤした顔つきで、店に入店した。

rigoretto005.jpg
店内はまだ11時30分頃だった為、お客さんは多くはなかった。
だが、この後30分後には満席になっていたことからも、人気の高さがうかがえる。

rigoretto006.jpg
パスタランチは¥1,000。
ランチメニューにカルボナーラがあることを確認した私は、
悩むことなく店員さんにオーダーをお願いした。
『ランチ、カルボナーラでお願いします。』と。

rigoretto007.jpg
ランチを注文すると、早速、サラダと冷製スープが早速机の上に運ばれてきた。
この冷製スープ、夏の暑い日に火照った体を涼しくしてくれる。
味も濃すぎず、薄すぎず、食べる側に優しい味付けだった。

前菜をスマートフォンをいじくりながら楽しんでいると、
私、木全 宇一朗のお目当ての品が運ばれてきた。

「カルボナーラです。」

rigoretto008.jpg
(ランチパスタ カルボナーラ ¥1,000)

真っ白い器に盛り付けられた、綺麗なカルボナーラだった。
メニューをロクに確認していなったが、この店のカルボナーラはリングイーネが使われている。
フェットチーネを使っているお店はよく見かけるが、リングイーネは珍しい気がする。

rigoretto009.jpg

rigoretto010.jpg
店の雰囲気とも相まって、真っ白な器に盛り付けられたカルボナーラが、
とても上品なものに思えてきた。
薄く、小さく、スライスされたタマネギも使われている。

rigoretto011.jpg
手元にセッティングされているフォークとスプーンを使い、
早速一口目を食べてみることにする。

~感想~
生クリームが使われているカルボナーラだが、
チーズとのバランスがとても良く、食べた瞬間に美味しいと感じた一品。

リングイーネの生パスタはとても良い茹で具合に仕上げられており、
口の中で噛みしめた時の歯ごたえはよく、とても心地いい食感だ。

全体的にしっかりとした味つけなのだが、
薄くスライスされた玉ねぎが良いアクセントになっており、
玉ねぎが甘みと、シャキシャキした食感を提供してくれている。
シャキシャキしているということは、あまり炒めていないのだろう。

また、パンチェッタも目立ちはしないがいい仕事をしている。
玉ねぎが食感と甘みを提供してくれているのであれば、
パンチェッタは肉の旨味を見事に楽しませてくれている。

生パスタで仕上げられたクリーム系のカルボナーラ。
素材それぞれのバランスがとても良くまとまっている一品。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■リゴレット ロティサリー&ワイン(RIGOLETTO ROTISSERIE AND WINE)
住所
東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 2F

営業時間
11:00~翌2:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13140872/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

2015-09-03-Thu-00:00

【 墨田区 】 123皿目!錦糸町に佇むお洒落なイタリアンレストランで食べるクリーム系カルボナーラ! テルツォ (Yoshoku E ITALIAN TERZO3)@錦糸町

『スカイツリー周辺に来たことはあるが、錦糸町駅で降りるのは初めてだった。』

terutluo001.jpg

駅前のロータリーにある金色のオブジェはなんだろうか?
金の輪っかが繋がっているように見えるが、何か意味があるのだろう。
東京オリンピックのロゴの話といい、デザインというのは奥が深いものだ。

terutluo002.jpg
目的地のイタリアンレストランに向かう道中、スカイツリーが見えた。
天気が悪く曇っている日は、先端部分が雲で隠れてしまっている。
このような姿すらも神秘的に感じられるスカイツリーは素敵だ。

terutluo003.jpg
錦糸町駅から5分程度歩いたところに、そのお店はあった。
店名は「テルツォ」。
錦糸町界隈ではダントツに評判の良い店なので、期待を膨らませながらやってきた。

terutluo004.jpg
私、木全 宇一朗の腕時計は11時30分を指している。
看板によると、ランチは11時からオープン。
『随分早い時間から営業しているんだな。』
そんなことを頭の中で思いながら、カルボナーラを食べるべく入店した。

terutluo005.jpg
既に先客がテラス席、店内ともに何組かいた。人気度の高さがうかがえる。
注文の品が決まっていた私は、店員さんに『カルボナーラ一つ。』と告げた。
空腹に襲われていた私は、大盛りでお願いしていた。

結果、目の前に運ばれてきたカルボナーラのボリュームに驚くことになるとも知らずに。

terutluo006.jpg
(カルボナーラ¥1,100 (大盛り¥1,500)
目の前に運ばれてきたカルボナーラのボリュームに圧倒されてしまった。
まさかこれだけの量が出てくるとは。
二人で来て、取り分けたりするのに丁度いいくらいの分量だろうか。

terutluo007.jpg

terutluo008.jpg
クリームがたっぷりと使われているタイプのカルボナーラ。
大盛りのパスタにソースがしっかりと絡まり、
その上にはチーズと細切れのベーコン、そして黒胡椒が散りばめられている。

terutluo009.jpg
大盛りカルボナーラを目の前にして圧倒されてしまったが、早速食べてみることにした。

~感想~
クリームが相当に使われているその見た目通り、クリームの風味が口の中で広がる。
シチューに近い味わいだと思った。ほのかな甘みもソースから感じられる。

アルデンテに仕上げられたスパゲティに、このソースをしっかり絡ませて食べると、
噛みしめる度に口の中でクリームの香りが舞って美味しい。

チーズ感と塩気は控えめに作られており、少し甘味のある、
とてもマイルドな味わいのカルボナーラ。
いわゆるローマ風のカルボナーラが好きな方には、少し物足りないかもしれない。

かなりの量のクリームが使われているためか、大盛りを食べきった後は
胃袋が『ズシ』っとなってしまい、しばらく動けなかったのは内緒だ。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■テルツォ (Yoshoku E ITALIAN TERZO3)
住所
東京都墨田区錦糸1-5-9 比護ビル 1F

営業時間
11:00~23:00(L.O. 22:00)
[ランチ] 11:00~14:30
[ディナー] 17:00~23:00(L.O. 22:00)
ランチ営業、日曜営業

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13025046/

■満足度
パスタの茹で具合
スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

HOME