激ウマな美味しいカルボナーラ探求ブログ@東京都内

ひたすらに東京都内のカルボナーラを食べ歩く、カルボナーラを心から愛するサラリーマンのブログ。 Let's Eat Carbonara!

2013-04-18-Thu-23:22

【 足立区 】 41皿目!猪肉で作られたジビエ料理風パンチェッタ入りの濃厚ローマ風カルボナーラ!トラットリア カーサ カルマ ( TRATTORIA Casa Calma ) @足立区北千住

『綺麗の中に下町の雰囲気が残っている駅。それが北千住なのか。』

ci001.jpg
北千住駅の西口出口から外に出ると、目の前には大きなマルイがあった。
西口の出口は陸橋の上に繋がっており、
外に出た途端に春の生ぬるい風が頬をかすめていく。

ci002.jpg
西口を抜けてさらに西に進んでいくと、そこにはアーケード街がある。
北千住駅に繋がっている一本の大通りの両端から、様々なショップが光を漏らしていた。
ラーメン屋、ドラッグストア、居酒屋等々。
どことなく下町の香りが感じられる。私には懐かしい雰囲気だ。

ci003.jpg
下町の雰囲気を味わいながら、今日の目的地へと辿り着いた。
食べログにおいて、北千住含め足立区内でダントツの高評価を得ているイタリアン。
駅から少し離れた場所に、目立たぬように存在している隠れ家的トラットリア。

ci004.jpg
その名はトラットリア カーサカルマ(TRATTORIA Casa Calma)。
カルマと聞くと、サンスクリット語の「業」の意味で耳にすることが多いが、
この店の意味はサンスクリット語ではなく、イタリア語で「のんびりした家」という意味のようだ。

ci005.jpg
味わいのあるブラックボードに「季節の厨房便り」と記されたメニューが書かれている。
「白トリュフのカルボナーラ フェットチーネ」が2150円。
財布の中の諭吉様が、歓喜の声を上げたのが聞こえた。
「ついに私の出番だ。」と。

ci006.jpg
季節限定メニューのカルボナーラを注文するかどうかはさておき、
店内に足を踏みいれることにした。

ci007.jpg
店内は驚くほど静まりかえっていた。貸切の準備でもしていたのかと思うほどに。
厨房の中から店員さんが出てきてくれた。
テーブル席に丁寧に誘導してくれる。とても丁寧な接客だと感じる。

ci008.jpg
カルボナーラだけを食べようと思っていたのだが、
「お飲み物は如何ですか?」と店員さんが勧めてくれたので、赤ワインを頂くことにする。
少し軽めの赤ワインだが、上品で飲みやすい味わいだった。
ここ最近、仕事の関係で気が張りっぱなしだった心を、この赤ワインが癒してくれた。
いつの間にか、店内にはピアノの音楽が流れている。

赤ワインを飲みながら、BGMに耳を傾けてのんびりしている間に料理が運ばれてきた。
この赤ワインを飲み始めた直後に注文した、「自家製猪のパンチェッタのカルボナーラ」

foodpic3417552.jpg
(手打ちのキタッラ 自家製猪のパンチェッタのカルボナーラ 1,580円)

この店のカルボナーラはキタッラを使用している。
本場ローマ流の極太パスタほどではないが太く感じられる。

foodpic3417554.jpg
生クリームが全く使われていないローマ風のカルボナーラ。
猪のパンチェッタと手打ちのキタッラから他では食べる機会がないカルボナーラだろう。

foodpic3417558.jpg
綺麗な黄金色のソースが手打ちキタッラをコーティングしている。
その上にブラックペッパー。炭焼き人風という言葉が似合う。

foodpic3417559.jpg
foodpic3417562.jpg
ふんだんに使われた猪パンチェッタから、どんな味わいが楽しめるのか。
早速一口頂いてみることにした。

~感想~
フォークに巻きつけてキタッラを口の中に入れると、
それまで麺をねっとりとコーティングしていたはずのソースが口の中で溶けるよう感覚だ。
その味わいが濃厚で凄く美味しい。
チーズの味わいと卵の味わいのバランスが絶妙で、ねっとりとしたカルボナーラソースが
口の中でチーズのコクと旨みと共に広がっていくこの味わい。最高だ。

キタッラ自体の茹で具合は、わずかに芯が残るぐらいの柔らかめであるのだが、
麺自体が通常のスパゲティに比べると太いので、このくらいで丁度いいのだろう。
この太めの麺にソースがしっかりと絡みつき、実に美味しく食べられる仕上がり。

唯一気になったのが猪のパンチェッタ
猪から作られたパンチェッタにはジビエ独特の臭みがあって、
噛みしめるたびに、その猪肉の香りが口の中に広がってしまい味わいの邪魔をする。
猪肉の香りが好きな人や、全く気にならない人にはいいかもしれないが、
それが気になる人にとってはマイナスに繋がってしまう。
豚バラから作られた、いわゆる普通のパンチェッタでこのカルボナーラを食べてみたい。

全体的にはとてもレベルの高いカルボナーラ。
味わいも深く、ソースにもコクがあり、最後まで美味しく食べる事が出来た。
価格は多少高いが、支払うコストに見合うだけの味を提供してくれていると思った。

『ごちそうさまでした。美味しかったです。』

■トラットリア カーサ カルマ (TRATTORIA Casa Calma)


住所
東京都足立区千住2-1 コスモ北千住 1F

営業時間
11:30~14:00(L.O)
18:00~21:00(L.O)
定休日:月曜日

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13041468/

オフィシャルWEB
http://www.ne.jp/asahi/trattoria/casa-calma/

■満足度

スター


スター

提供時間
スター

金額に対する満足感
スター

店の雰囲気
スター

HOME